飲食店の新規顧客の集客は具体的にどうするのが良いか?

飲食店が最も悩むのは、新規顧客の集客です。いわゆる「新規が足りない」の状態は、売上が安定しない状況を作り出します。

新規顧客を獲得する際には、まだ一度も来店したことがない見込み客に対してメッセージを到達させることが重要になります。これは簡単に説明すると、まだ行ったことのない飲食店の情報を知ってもらえるように見られる状況を作り出すことです。そこで、今飲食店を探している見込み客や来店が可能な地域にいる見込み客をターゲットにする必要があり、前者は検索対策、後者は広告の選定が有効な手段となります。

目次

飲食店の新規顧客の集客の基本的な考え方とは?

飲食店の新規顧客集客では、店舗探しをしている見込み客に情報を届けるための検索対策と、こちらから店舗の存在を訴求する広告の2つの方法が重要です。

検索対策では、Googleマップや食べログなどのグルメサイトで探す人が多く、これにより現在店舗を探している見込み客にアプローチできるため、集客成功の可能性が最も高く、優先度も高いです。

一方、広告では、来店可能な見込み客に効果的にリーチすることが重要です。特にZ世代にはInstagramやTikTokが有効であり、また近隣に直接訴求するチラシの配布やポスティング広告も効果が高いです。

飲食店が新規顧客を集客するためにやるべき検索対策とは?

日本国内では、口コミが豊富に掲載されているGoogleマップや食べログなどのグルメサイトの検索を使って飲食店を探すユーザーは多いです。飲食店が新規顧客を集客するために、押さえるべき検索対策の概要を解説します。

施策対策の優先度
Googleマップ
グルメサイト
SEO

①Googleマップ検索

Googleマップ検索の対策は、MEO(Map Engine Optimization)と呼ばれ、検索している地点からの距離で順位が異なります。また、知名度や関連性によっても順位が決定されます。MEOの弱点は、順位を任意に上げることができない点です。そのため、Googleマップから積極的に集客をしたい場合は、ローカル検索広告の出稿が必要です。

②グルメサイトのサイト内検索

グルメサイトは、Google検索でも上位を占めており、予約をするお店が決定していない見込み客が流入します。サイト内検索で上位の店舗から確認し、条件に合致した店舗が予約されるため、上位に表示されるようにプランを選択した上で、見込み客の条件に合致するように多角的な情報を掲載することが重要です。

グルメサイトの中では、食べログの集客力が高いですが、地域によって同じプランを導入している店舗同士で競争されています。そのため、上位表示ができずに思った以上に集客ができないということもあり得ます。その場合は、異なるグルメサイトを導入するか、ほかの集客方法を試すことになります。

③SEO対策

一方で、Google検索などのSEO対策は、グルメサイトやキュレーションサイトが上位を占めており、露出することが非常に難しいです。MEO対策同様に、任意に上位に表示させることは広告しかできず、また画像や動画などで訴求できるわけではないため、Googleマップやグルメサイトの対策に比べると優先順位は大きく下がります。

飲食店が新規顧客を集客するためにやるべき広告とは?

飲食店の新規顧客を集客するためには、今飲食店を探していないユーザーに訴求することも重要です。これにより興味を惹き、予約を獲得するか、適切なタイミングが来たときに指名検索経由で予約するよう促すことができます。

広告を選定する時は、適切なユーザーに適切なメッセージを到達させることが重要であり、メッセージの到達可能性が高い広告を選ぶことが重要です。効果が高い広告手法としては、InstagramなどのSNSでの広告出稿と、住所に直接チラシを投函するポスティング広告があります。

施策対策の優先度
Instagram広告
ポスティング広告
Youtube広告
新聞折込
看板

①Instagram広告

Instagram広告は、ビジュアル重視のSNSプラットフォームを活用し、飲食店の魅力を効果的に訴求できます。特に写真や動画を使った広告は視覚的に訴えかける力が強く、ユーザーの関心を引くことができます。また、ターゲットオーディエンスを細かく設定できるため、特定の地域や興味関心を持つ見込み客に対して広告を配信することが可能です。インスタグラムのストーリーズやフィードに広告を配置することで、ブランドの認知度を高め、新規顧客の集客につなげます。

②ポスティング広告

ポスティング広告は、特定の地域や住宅に直接チラシを配布する方法で、地域密着型の集客に効果的です。飲食店のメニューや特典を掲載したチラシをポスティングすることで、周辺住民に対してダイレクトにアプローチできます。特に、新規オープンや季節限定メニューの告知に適しており、見込み客がチラシを手に取って興味を持ちやすいのが特徴です。商圏内の見込み客に的確に情報を届けるため、ローカルエリアでの集客に非常に効果的です。

③YouTube広告

YouTube広告は、動画プラットフォームを活用して視覚と聴覚の両方に訴える広告手法です。短時間で飲食店の雰囲気や料理の魅力を伝えることができ、ユーザーの記憶に残りやすいのが特徴です。ターゲティングオプションが豊富で、特定の地域や興味関心を持つユーザーに対して広告を配信できます。また、動画を視聴するユーザーはコンテンツに没入しやすく、広告の訴求力が高いため、新規顧客の集客に効果的です。

④新聞折込

新聞折込広告は、地域の新聞にチラシを挟み込む広告手法で、特定のエリアに住む読者に直接リーチできます。飲食店のクーポンやイベント情報を掲載することで、読者の興味を引き、来店を促すことができます。新聞という媒体の信頼性が高いため、読者に信頼感を持って受け取ってもらえるのが特徴です。

ポスティング広告と異なり、受け取り先が新聞購読者に限定されます。そのため、認知度を可能な限り上げたいオープン時のチラシの配布では、ポスティング広告の方が優先度が高くなります。

⑤看板

看板広告は、通行人やドライバーに対して視覚的にアピールする方法で、飲食店の存在を広く知らしめる効果があります。店舗の近くや主要な交差点に設置することで、目立ちやすく、継続的に視認されることで認知度が向上します。特に、目立つデザインや分かりやすいメッセージを使用することで、通行人の興味を引き、新規顧客の来店を促進します。ローカルエリアでの認知度を高めるための強力なツールです。

新規顧客の集客方法選定で注意すべき点とは?

飲食店が新規顧客を集客する際には、ターゲットにメッセージがリーチすることが重要です。適切な広告手法やプラットフォームを選択し、SNS広告やポスティング広告などを活用してターゲットが普段目にする媒体を利用します。また、飲食店には商圏が存在するため、地域内でのリーチが重要です。

以下のメディアや広告は、ターゲットに対するメッセージのリーチが不確定という点で、実施の優先順位が低くなりがちです。

①据え置き型の地域情報誌・メディア

据え置き型の地域情報誌やメディアは、地域住民に情報を届ける手段として有効ですが、リーチが不確定です。設置場所によって読者層や読まれる頻度が異なり、必ずしもターゲットに届くとは限りません。また、設置場所によってはリーチが広すぎて、効果が分散することもあります。特定の商圏内で確実にリーチしたい場合には、他の広告手法との併用が望ましいです。

②テレビCM

テレビCMは広範な視聴者にアプローチできる反面、リーチが広すぎて地域限定での集客には不向きです。都道府県単位での絞り込みは可能ですが、商圏外の視聴者にも多く届くため、費用対効果が低下する可能性があります。また、制作費や放送費用が高額になるため、地域限定で集客を狙う飲食店には費用対効果が見合わないことが多いです。

③インフルエンサーマーケティング

インフルエンサーマーケティングは、SNSでの影響力を活用し、広範なリーチが可能ですが、ターゲットが地域限定でない場合があります。特に、全国的なフォロワーを持つインフルエンサーの場合、商圏外のユーザーにも情報が拡散されるため、地域限定での集客には効果が薄れます。

都市部の場合は、目ぼしいインフルエンサーも多く、ファンも相当数住んでいると考えられるため、高い集客効果が見込まれる場合があります。ただし、コンテンツ次第で集客への影響が異なりますので、成果は運の要素が非常に高い点も欠点といえます。

最終更新日 2024年6月9日

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次