MENU

MEO(マップ検索エンジン最適化)とは?集客に及ぼす効果と対策方法を解説

お店に新規顧客を集めたいと考えた時に、外すことができないWebマーケティングの施策がMEO対策です。

MEO(MapEngineOptimization)対策とは、地図アプリでのビジネスリスティングの順位を上げる対策のことです。地図アプリでは、Googlemapsが最大のシェア率を誇っているので、一般的にMEO対策といえば、Googlemaps上の店舗の掲載順位を上げることを指します。

MEO対策を行うことで、お店の認知度が高まり、新規顧客の集客に繋がります。この記事では、MEO対策とSEO対策の違いから具体的な対策方法について解説を行いたいと思います。

目次

MEO対策とSEO対策の違いとは?

MEO対策と比較されるのは、SEO(SearchEngineOptimization)対策ですが、これらの対策には明確な違いがあります。

違いの概要に関しては、以下の通りになります。

MEOSEO
対策する検索エンジンローカル検索Google
Yahoo!Japan
Bing
コンテンツGoogleビジネスプロフィール
Business Connect
Webページ
表示される箇所検索エンジン
地図アプリ
検索エンジン
検索結果に
表示される情報
店名
口コミ(星の数)
営業時間
サービス
写真
サービス
価格帯
サイト名
タイトル
ディスクリプション
ファビコン
MEOとSEOの違い

対策する検索エンジンの違い・表示される箇所

MEO対策では、ローカル検索の対策を行います。ローカル検索とは、地図アプリや各種検索エンジンのローカルパックと呼ばれるローカル情報を表示される検索のことで、指定した地域(指定しない場合は近隣の地域)のビジネスの情報が表示されます。上位表示されることで、その地域での認知度の向上が期待されます。

ローカルパック

それに対して、SEO対策では、各種検索エンジンの対策を行います。地域の情報のみならず、すべての情報が検索結果に反映されます。

また、ビジネスリスティングには、事業単位で登録することができません。そのため、予約サイトなどの関連サービスは、ローカル検索には反映されず、MEOは、他社・他店のみが競合になります。SEOでは、関連サービスやブログなどとも競合しなければなりません。

ビジネスリスティングとは、それぞれのサービスで用意されているお店の情報を登録できるサービスのことであり、GooglemapsではGoogleビジネスプロフィール、AppleマップではBusiness Connectが該当します。

コンテンツ

MEO対策では、ビジネスリスティングを対策します。それに対し、SEO対策では、Webページ単位で対策の対象になります。

ローカル検索では必ず店名ごとに表示されますが、通常の検索エンジンではページごとであるため、前者の検索結果は全て同じですが、後者の検索結果は異なります。そのため、MEO対策はトップページから見せることができますが、SEO対策では最初に表示されるページがトップページとは限りません。

検索結果に表示される情報

ローカル検索では、ビジネスを検索することを目的としているため、検索結果に表示されるのは比較するのに重要視されている情報が掲載されています。また、業態ごとに表示項目が異なっています。

例えば、飲食店の価格帯は、「¥安価」「¥¥お手頃」「¥¥¥高級」「¥¥¥¥贅沢」の4段階で表現されていますが、ホテルの価格帯は、予約できるプランの最安値が表示されています。

MEO対策のメリット

MEO対策は、地図アプリで検索される機会の多いお店の集客で高い効果を発揮します。

MEO対策により上位表示などで表示されやすくなると、特にスマートフォンのユーザーにとって目立つようになります。また、MEO対策では、口コミの対策も行いますので、信頼と評判を高めることができます。

SEO対策では、強力な競合やサービスの存在で上位表示が難しくても、MEO対策では効果が露出することができます。

MEO対策のデメリット(注意点)

特にGoogleは、口コミを検索する機能も担っているため、目立つことで肯定的な評価の口コミも増えれば、否定的な評価の口コミも増えます。

また、誹謗中傷や他社への誘導などの明らかなガイドライン違反の口コミは削除することができますが、低評価の口コミは削除することができません。来店経験のない人物が低評価のみをつける業務妨害を行った場合も、客観的な判定ができないため、対応することができない弱点があります。

具体的なMEO対策のポイントとは?

MEO対策では、地図アプリのシェアからGoogleに絞り込まれることが多いですので、ここでは、GoogleMapでのMEO対策について解説します。

MEO対策のポイントでは、「距離」「関連性」「視認性の高さ」が重要視されています。

これは具体的に考えてみるとわかりやすく、出先でカフェを探しているのに、遠くのカフェが表示されたり、そもそもカフェではなかったり、人気のないカフェが表示されるのは、検索として顧客ニーズに応えていないことを意味するからです。

それぞれの解説をGoogleビジネスプロフィールのヘルプから引用します。

距離とは、検索語句で指定された場所から検索結果のビジネス所在地までの距離を指します。検索語句で場所が指定されていない場合は、検索しているユーザーの現在地情報に基づいて距離が計算されます。

距離に関する記述

ローカル検索では、検索している地点で検索結果が変わります。つまり、人通りが多い地域でカフェと検索されるのと、人通りが少ない地域でカフェと検索されるのでは、前者の方が表示される機会が多いことを意味しています。

関連性とは、検索語句とローカル ビジネス プロフィールが合致する度合いを指します。充実したビジネス情報を掲載すると、ビジネスについてのより的確な情報が提供されるため、プロフィールと検索語句との関連性を高めることができます。

関連性に関する記述

カフェと検索したのに、全く異なるビジネスが表示されることは、ユーザーのニーズを満たしているとはいえません。そのため、ローカル検索では、Googleビジネスプロフィールに登録されている情報から検索語句と関連性の高いビジネスを割り出すようにしています。

視認性の高さとは、ビジネスがどれだけ広く知られているかを指します。ビジネスによっては、オフラインでの知名度の方が高いことがありますが、ローカル検索結果のランキングにはこうした情報が加味されます。たとえば、有名な博物館、ランドマークとなるホテル、有名なブランド名を持つお店などは、ローカル検索結果で上位に表示されやすくなります。

ビジネスについてのウェブ上の情報(リンク、記事、店舗一覧など)も視認性の高さに影響します。Google でのクチコミ数とスコアも、ローカル検索結果のランキングに影響します。クチコミ数が多く評価の高いビジネスは、ランキングが高くなります。ウェブ検索結果での掲載順位も考慮に入れられるため、検索エンジン最適化(SEO)の手法も適用できます。

視認性の高さに関する記述

視認性の高さとは、いわゆる知名度のことです。人気のスポットほど検索ニーズは高いため、客観的にみて、人気のあるサービスほどMEO対策では有利です。

これらのポイントを踏まえて、具体的なMEO対策のポイントを解説します。

人通りが多い立地に移転する。

ローカル検索は、近くで検索しているユーザーにお店の存在を知ってもらうことができます。そのため、立地は人通りが多い方が表示回数も増えます。ただし、移転は最もコストがかかり、MEO対策としては最も現実的ではありません。

Googleビジネスプロフィールの情報を運用する。

ローカル検索の検索語句との関連性を高める方法には、Googleビジネスプロフィールを運用し、お店の情報を豊富に掲載することがあります。ローカル検索では、「近くのパン屋さん」と検索するだけではなく、「近くのカレーパンの美味しいパン屋さん」などと検索されることもあります。この時、クチコミや商品、メニューなどが参考にされます。

Googleビジネスプロフィールには豊富な情報を掲載するとともに、情報の更新や最新情報やプロモーション機能を使い、運用していきましょう。

MEO対策以外のマーケティング方法でも集客する。

集客方法の説明としては元も子もない話ではありますが、ローカル検索は、近くの人気のお店を見つけることができることに価値があるのであって、人気があるように偽装する仕組みではそもそもありません。また、混雑な時間がGoogleロケーション履歴から割り出されていることからも言えるため、実際の客数を把握する手段がGoogle側に備わっています。

MEO対策だけではなく、他のマーケティングにも着手しましょう。効果的な集客方法は、「集客とは?成功する計画の立案とお店の集客方法10選」で紹介しています。

NAPを統一する。

NAPとは、「Name(名称)」「Address(住所)」「Phone(電話番号)」の頭文字をとった言葉です。これらの情報は、特定のビジネスの情報を指していることから、Googleのクローラーがそのビジネスのウェブ上の視認性の高さを計測するための手がかりになります。

名称は、正式名称で統一します。略称にすることで同じ屋号名になる店名があれば、正確に読み取ることができません。ハイフンを含めて正確なものを指定します。また、住所の表記や電話番号の表記も同様に統一します。

口コミを積極的に収集する。

口コミの件数と評価は、人気を客観的に判断する指標としては最もわかりやすいものです。Googleのローカル検索では、5件以上の口コミを集めると、表示が2倍されやすくなりますし、短期で評価の高い口コミを集めると、自然に口コミを記入しやすくなります。

口コミの依頼方法や管理方法については、「Googleビジネスプロフィールのクチコミ対策」で解説をしています。

SEOを重視する。

通常の検索で、特定の検索語句を入力した時に、公式サイトやお店を紹介したページが上位に表示された場合、その検索語句とお店の関係性は高いと判定することができます。そのため、公式サイトでSEO対策を行うことのほかに、上位表示をしたい検索語句で上位表示されているサービスやブログに、広告出稿や掲載を依頼します。

まとめ

MEO対策は、Googlemapsなどの地図上の検索で露出度を高めますので、特にお店の新規顧客を集める効果があります。

検索順位の上位を目指すことが前提ですが、口コミがアルゴリズムに関係する検索ですので、提供するサービスや接客の顧客満足度を高めることや他のマーケティングの結果も直接関係します。そのため、ここで紹介した対策だけでは限界があることは覚えておきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次