Twitter広告の効果とは?

Twitterは、2008年から12年以上の月日が経ち、日本では月間アクティブユーザー数(MAU)が4500万となっている一般的なSNSです。

Twitterは140文字でツイートを行い、トレンドやニュース配信などの機能と連携しているため、世の中の最新の情報を手軽に入手することができます。それらの背景から、有用であったり、興味のある情報に関しては、ユーザーは積極的に入手しようとします。

これらの特性からTwitterは、マーケティングを実施する上で有用な媒体であることが間違いありません。そこで、Twitter広告の運用が検討の項目に入ります。

関連コンテンツ:Twitter集客の最新版!Twitter集客の効果・成功する投稿・運用を一挙紹介

Twitter広告が効果的な業種とは?

Twitter広告は、特定の県に密集している店舗や商圏が地域に密着していない通販のような業種に適しています。また、流通している商品のブランディングに効果を発揮します。

TwitterはエリアのターゲティングがFacebookと違って、都道府県までしかできません。(現状では、サイバーエージェントが提供しているAIR TRACKを使えば、市町村までターゲティングが可能です。)そのため、地域密着型のビジネスの集客では、Facebook広告の方が向いていることになります。

D2Cのように特定のニーズに着目して開発した商品のマーケティングとは、興味のある情報収集に活用されるTwitterは相性が良いです。

Twitter広告の特徴とは?

用途による配信が可能であり、ブランドの認知度の向上、検討、コンバージョンを獲得する目的で配信を行います。

ブランドの認知の向上では、広告のリーチを最大限に増やすことを目的にしています。そのため、特定の都道府県に情報を拡散させ、浸透させたい時の目的で活用します。

検討では以下の目的から選択することができます。

  • 動画の再生数
  • プレロール再生数(自動で再生される簡単な動画)
  • アプリのインストール
  • Webサイトのクリック数
  • エンゲージメント数
  • フォロワー数

また、コンバージョンは、実際にアプリを利用してもらうことで課金が発生します。

Twitterユーザーの消費者行動では、ブランドと文化の関わり合いが23%を占めています。消費者は、ブランドがどの程度自分たちの興味や関心を反映し、自分たちにとって重要な問題をサポートしているかを評価します。

これは非常にわかりづらいかもしれませんが、顧客の意見を取り入れる姿勢を示すことが大きく、社会の問題への取り組みが高く評価される傾向にあります。広告の運用と併せて、アカウントを用いて積極的に意見を取り込むような運用が、Twitterを活用したマーケティングの効果を高めることになります。

関連資料:ブランド + 文化 +Twitter = 影響力

Twitter広告のメリット

Twitterは、日本では流行のパロメーターのような使い方をされています。そのため、アクティブにツイートをしていなくても情報だけみている人は多く、効果的に認知度を高めることが期待できます。

Twitterの拡散力もあり、特徴ある短編動画を用意することで効果的に印象付けを行うことが期待できます。

Twitter広告のデメリット

Twitter広告は、媒体のポテンシャルに対して、ターゲティングの精度は高くありません。2021年段階では、最小の出稿単位が都道府県であり、Facebook広告の座標を指定して半径を取れることに比べるとやはり使い勝手は悪いです。

そのため、来店型の店舗ビジネスでは、Instagramにも出稿できるFacebook広告を選んでしまいがちになります。

まとめ

Twitter広告は、Twitterの月間アクティブユーザー数の多さに反して広告の精度はそこまで高くはないため、活用されているのはエリアマーケティングが必須な店舗というよりは、人材エージェントや最寄品の認知度向上を目的に活用されている傾向があります。

店舗の場合は、Facebookのような地域に対する広告の精度が高くなれば、活用のシーンは増えると思いますが、現在のところは、Facebook広告に軍配が上がります。