おすすめのSEOツールを用途別にピックアップ

SEOは、主にオーガニック検索からの流入数を増やすことで、目的を持って検索している検索エンジンユーザーの流入を促し、製品やサービスの検討を促す新規顧客獲得のための代表的な集客手法の一つです。オーガニック検索からの流入とは、Google検索やYahoo!検索などの広告枠以外の部分からWebサイトに流入することです。

検索エンジンのアルゴリズムはアップデートを繰り返しており、精度が高くなっている一方で、SEOを行っている側には高度な分析と改善が求められるようになってきました。そのため、ブログを書く程度のことでは、オーガニック検索からの流入は望めなくなりました。

今回は、今後SEOにも力を入れていきたいマーケティング担当者向けに最低限持っていると良いSEOツールについて紹介したいと思います。なお、SEOについては以下の記事で解説しています。

SEOとは SEO(検索エンジン最適化)とは

キーワードの選定を行う。

最初に狙っていくキーワードを選定していきます。キーワードは見込み客(リード)が検索するであろうキーワードを網羅する一方で、自社の専門性から外れないキーワードを選定していくことが重要です。実際にあった話、通販でラーメンを売りたいのにサブディレクトリで運用していたブログに私生活のことを書きすぎて、蓋をあけてみたら検索クエリが地方局のアナウンサーの名前の一覧表のようになっていた案件もありました。

また、SEOにおいて、検索キーワードが持つ集客力でもある検索ボリュームを調査することは非常に重要です。検索ボリュームとは、月当たりの検索された回数のことです。

名称検索ボリューム検索意図のズレ
ビックワード1万~大きい
ミドルワード1,000〜1万混ざっている
スモールワード~1,000小さい

この時、検索ボリュームが大きいワードを狙えば良いかと言われるとそうではありません。特定の意図がある検索に対して、的確なコンテンツページを作った方が成約率が高いですし、ビックワードほどWebサイトには高い権威性が求められます。そういった意味では、スモールワードと呼ばれる検索ボリュームが1,000以下のキーワードで可能な限り露出した方が現実味のある対策を実行できます。

SERanking

SERankingは、総合的なSEOツールです。キーワードの検索ボリュームを調査することもできます。難易度やリスティング広告の出稿の有無、関連キーワードなども提案してくれます。最大の特徴は利用料の安さで、SEOの初心者にはまず導入がおすすめできるツールの一つです。

価格 月額約3,000円〜

Googleキーワードプランナー

Google広告の中の機能の一つです。出稿するキーワードに目星をつけるための機能で、広告を出稿している場合に限り、月間平均検索ボリュームが表示されます。

SERankingの検索ボリュームを見てもわかる通り、データはキーワードプランナーのものが表示されています。つまり、Google広告を常時活用していない限り、SEOツールに課金していた方が、検索ボリュームの把握し続けることができます。

価格 無料(ただし、詳細な検索ボリュームの表示には広告の出稿が必要)

サイトの健全性を管理する。

Webサイトに異常が発生していることやモバイル全盛の時代にスマホ対応が十分にできていないなど・・。サイトの健全性が損なわれている状態を把握できていなければ、検索エンジンにページが登録されなかったり、必要以上に低い順位になるケースもあります。

そのため、SEOでは対象になっているWebサイトの健全性を管理することもとても重要です。

サーチコンソール

サーチコンソールは、Webサイトがなんの検索クエリ(キーワード)で表示されていて、平均順位は何位で、何回クリックされているのかを計測できるほかに、健全性の低いページなども知ることができる機能がついています。また、追加した記事のURLを入力することで、Google検索に登録されているのかもわかり、登録のリクエストも実施することができます。そのため、SEOでは導入必須のサービスです。

価格 無料

PageSpeed Insights

PageSpeed Insightsは、コアウェブバイタル(CWV)を計測し、Webページの表示や応答の速度、そして安定性を評価するGoogle公式のサービスです。ここで、モバイルのスコアが赤(0-49)であったり、特定の箇所に重大な問題がある時は、サーチコンソールでページ エクスペリエンスが計測が悪化し、必要以上に順位が下がるということがありますので、注意したいところです。

価格 無料

コンテンツを比較する。

SEOで問題になりやすいのは、どのような品質のコンテンツを作成していくかです。実際検索をしてみて上位表示されているコンテンツは、現在の検索エンジンのアルゴリズムでは良質なコンテンツと認められています。

自社のコンテンツと比較した分析を行い、傾向を近づけることでSEOになると考えられます。

ここでの注意点

ただし、コンテンツの優劣は、そのWebサイト自体の専門性や権威性なども影響しています。その業界で有名な企業のコンテンツが上位に表示されていることはある意味当然のことです。その部分を差し引いた分析になります。

順位を計測する

SEOでは、最初から良い順位になるとは限りません。むしろ、最初は異常に順位がよく次第に下がっていくか、最初から順位が良くないかのどちらかになりがちです。

そこで順位を計測し、順位が悪化した時には次の対策(例えば、リライト)を実施することが非常に重要となります。なお、順位計測ツールは、下記で紹介するもの以外にもSEOツールであれば機能として含んでいることがほとんどです。計測の期間や自動計測が可能なのかも含めて検討するのがよいでしょう。

SERanking

SERankingでは、予めキーワードのリストを登録しておくことで、計測の対象になっているWebサイトの順位を計測することができます。この機能は競合サイトに対しても計測は可能です。オンラインサービスであり、設定した頻度での自動計測であるため、計測漏れはなく、特定のデバイス以外でもデータを閲覧することができます。

GRC

GRCは、ブロガーに愛用されている順位計測ツールです。非常にコスパが良く、順位を計測することだけが目的であり、順位を計測するタイミングコントロールしたい人にとっては導入メリットが大きいです。

ただし、ダウンロード型であり、計測は自動ではなくコマンドが必要であるため、計測を忘れてしまうリスクもあります。Mac OSでも利用は可能ですが、仮想Winの環境が必要になるため、実質Windowsに制限されることもデメリットとして挙げられます。

価格 年額4,950円〜

サーチコンソール

サーチコンソールの検索パフォーマンスでは、検索クエリのクリック数、表示回数、CTR、平均掲載順位を閲覧することができます。検索クエリの平均掲載順位は、実際に閲覧した人の平均になるため、プライベート環境のGoogle検索の順位が反映されます。そのため、実際の検索順位とは言えないわけですが、Google検索での流入したキーワードを確認するのには便利です。

サイト内のトラフィックを確認する。

オーガニック検索からの流入を増やしたところで、しっかり見込み客の獲得・お問い合わせ・Web予約などに結びついているかは、サイト内の人流を調査する必要性があります。この時に活用するのが、Googleアナリティクスです。いわゆるアクセス解析ツールです。

価格 無料

WordPressを活用する場合は、プラグインSite KitでGoogle系のサービスは連携する。

WordPressテーマやSEO関連のプラグインにコードを差し込む箇所や連携する箇所があるのですが、管理が煩雑になってしまい、知らず知らずに二重コードになっていることがあります。WordPressでは、Googleが公式のプラグインをリリースしており、このプラグインに直接連携させることが無難です。連携できるGoogleサービスは以下の通り。

  • Googleアナリティクス
  • サーチコンソール
  • アドセンス
  • PageSpeed Insights

Site Kitの導入方法は、WordPressのダッシュボード>プラグイン>新規プラグイン>Site Kitを検索の手順です。なお、予め、連携するサービスはアカウントを作成しておく必要性があります。

SERankingはコスパも良く使いやすい。

日本では高機能なSEOツールであるミエルカを導入している企業がとても多いのですが、スタンダードプランの月額が150,000円であるため、本腰を入れると決まっていない企業では稟議書は通りづらいかと思われます。

まずは、媒体を作り、基本的なSEOを実施したい時には、SERankingの低コストは非常に魅力的です。予算がない時は、調査ツールとして、一番安いプランを契約し、いつでも調査や順位の確認をできるようにすることをおすすめします。

SERankingの詳細を確認する。