SEOライティングとは?SEOで成果を出すために知っておきたいポイント

オウンドメディアを構築する目的は、リードの獲得ですが、これには流入がなければなりません。流入の方法は、SNS広告やリスティング広告などもありますが、基本的なものとして考えるべきなのが、やはりSEOです。

コンテンツを読みコンバージョンするのは、人ですので、人が読みやすいようにライティングをすることがとても重要です。しかし、せっかく書いたコンテンツが狙ったキーワードでインデックスされなかったり、上位表示されなければ結果に大きく影響します。

そこで、人が読みやすく、狙ったキーワードでも上位表示が狙えるコンテンツを作り上げるSEOライティングの基本について説明します。

SEOライティングとは

オウンドメディアのコンテンツには2つの役割が期待されています。

  1. リードの獲得が効率的に行える内容であること
  2. 狙ったキーワード検索から流入が見込まれること

この2つを実現するための一連の文章の構成技術がSEOライティングと言えます。

検索エンジンの順位は、ユーザーにとって意味のあるコンテンツを上位に表示させる傾向があります。E-A-Tが高いWebサイトやオウンドメディアが上位に表示されやすいというのは、Googleが掲げる基準となります。

そのため、SEOライティングでは、SEOのテクニックに固執するだけでは不十分で、ユーザーにとっても分かりやすいものとして書かなければなりません。

そして、最終的には、リードの登録に繋がるような構成にすることで、オウンドメディアやWebサイトの目的の達成に繋がります。

SEOライティングを始める準備:ペルソナの設定、クエリの種類

企業がSEOライティングを行う目的は、主にリードの獲得です。そこで、コンテンツを作り込むために、コンテンツの主な対象であるペルソナを設定します。また、クエリによっては検索される目的が異なりますので、その種類を頭に入れておく必要があります。

検索キーワードの選定、ボリュームの調査については、検索ボリュームとは?SEOのプランニングには是非調査しておきたい重要指標に掲載しています。

ペルソナの設定

ペルソナとは、対象にすべき具体的な人物像を指します。マーケティングの施策では、ペルソナを設定することで、チーム内の対象顧客像を共有し、精度を上げるために活用されています。

どのようなリードを獲得したいのか?
ペルソナを何パターンか用意して、その人々のアンテナにヒットするキーワードの選定を行い、コンテンツを構成します。

クエリの種類

クエリとは、検索に入力される言語のことです。これに対して、キーワードとは広告の出稿ワードで使われています。
(しかし、混同して使われていることが普通のため、意識的に分けずキーワードと表現してもよいです。)

次に検索意図を理解するため、クエリの種類を理解します。例えば、商品を購入することが目的のクエリと情報を獲得する目的のクエリでは当然種類が違います。検索クエリごとに違う検索ユーザーの目的を理解し、最終的には、自社が提供する製品やサービスに興味を持ってもらうことが着地点になるコンテンツを作ります。

  • インフォメーションクエリ:情報の収集が目的。そのため、オウンドメディアなどが上位に表示されやすい。
  • トランザクションクエリ:購入や予約が目的。そのため、予約サイトやOTAが上位に表示されやすい。
  • ナビゲーションクエリ:特定のWebサイトに行くのが目的。そのため、該当のWebサイト、クチコミサイト、採用情報などが上位に表示されやすい。
  • ノウクエリ:インフォメーションクエリの一部。情報を知りたいことが目的。ノウクエリが問題や悩みに関係するものであれば、プロセスで必要なものを紹介することで購入を促すことができる。
  • バイクエリ:商品を購入したいと思っており、他社との比較、クチコミ、購入後の変化などを知ることを目的にして検索されている。口コミ、ノウクエリでの検索、広告で知った後に、バイクエリで検索される。

情報量(文章量)の目安

情報量を増やす目的は、SEOです。SEOは、各キーワードごとに順位がつけられているため、ここで上位になるような情報量でなければ意味がありません。

そのため、実際に検索をしてみて、調査を行います。コンテンツ量や出現言語を分析するSEOツールもありますが、これらのデータは過度に参考にしない方が良いでしょう。コンバージョン率の低いコンテンツになります。

上位コンテンツの情報量に匹敵するくらいの量は必要だと考えられます。そのため、「どのくらい書けば良いか?」の答えは、「実際の検索で上位に来ているコンテンツの情報量による」となります。

SEOライティングの基本:Titleタグ、H1タグ、H2タグ

SEOライティングの基本として、そのコンテンツが何について書いているのかをユーザーにもGoogleのクローラーにも理解できるようにしなければなりません。そのために、考えて編集しなければならないのは、titleタグ、H1タグ、H2タグです。以降は、H1タグが、そのコンテンツの題名に指定されているものとして考えます。

タイトルタグ

タイトルとは、そのコンテンツの題名です。つまり、ここにキーワードが含まれていなければ、そのことについて書いているコンテンツだとユーザーもGoogleのクローラーも認識することができません。

キーワードの位置

例えば、上記のコンテンツは集客力をキーワードに指定しています。SEOの場合、検索のユーザーもキーワードを検索しています。そして、そのキーワードの詳しい内容について期待していることから、タイトルタグ内でのキーワードの位置は、前方の方が分かりやすいです。

興味をひくように書く

また、オウンドメディアやWebサイトでは、SEOだけが課題ではありません。そのタイトルをみて、興味を持ってクリックされないと意味がありません。そのため、魅力的なタイトル構成にすることが望ましいです。

例えば、パレードの法則などのキーワードの場合、多くの情報量は求められていません。「3分で理解する」とタイトルに組み込むことによって、読みやすいことをアピールします。また、マーケティングなどの概念系のキーワードの場合は、できるだけ多くの具体的な事例などを紹介して理解を促します。そこで、「成功企業事例10選」などをタイトルに組み込みます。

30文字でタイトルは完結させる

Googleでのタイトルの表示文字数は、PCでは30文字程度です。モバイルの場合は、長いタイトルでも表示されている場合があります。

スマホでの閲覧が中心になっていると考えられますので、タイトルは長くしても構わないと思ってしまいがちです。しかし、BtoB向けの製品では、PCで検索されることが多いため、短い方に合わせるのがSEOライティングでは定石です。

H1タグ

H1とは日本語では大見出しです。H1タグでスタートし、次のH1タグが登場するまでの本文は、H1タグでマークアップした内容であるということです。

ほとんどのWebサイトの場合、1ページに1つH1タグが使われている傾向にあります。つまり、ほとんどのオウンドメディアやWebサイトでは、タイトル=大見出しの扱いになっており、この箇所にもタイトル同様にキーワードが含まれていなければなりません。

昔に作成されたWebサイトやホームページ作成システムの中には、H1タグをロゴのマークアップに使用している場合があります。SEO関係なしに文章の構成がおかしいため、修正することが望ましいです。

WordPressでタイトルタグとH1タグを分けたい場合

この場合は、All in one SEO Pack などのプラグインを活用することで、分散させることが可能です。ただし、不要なファイル数が増えてしまいますので、読み込み速度が低下するデメリットがあります。SEO用のWordPressテーマを活用するのが良いでしょう。最初からこの機能が搭載されているものが多いです。

 

H2タグ

H1タグが大見出しであればH2タグは小見出しです。

大見出しで書いた内容を説明する要素を小見出しに指定します。

大見出しが、マーケティングオートメーションツールとは?ならば、小見出しはマーケケティングツールの説明で重要な要素でなければなりません。導入する目的、マーケティングオートメーションツールの仕組み、メリットとデメリット、成功事例などが該当します。

要素に含まれないことは、このコンテンツに含まれることは望ましくなく、別のコンテンツに分けて書くことが必要になります。また、タイトルタグ、H1タグと同様に、キーワードが含まれた方が良いですが、不自然でくどい表現になってしまう場合は、後述する共起語で代用します。

SEOライティングの盲点:本文の構築

見出しを決めて、何について書くかを決定したら、いよいよ本文を書いていきます。本文を書く際には以下の点に気をつけます。

見出しに対応する内容を書く。比喩や例などの割合は極力抑える。

見出しは、その本文に書いてある内容を期待させます。そこからずれが発生する内容は期待はずれであることから、記事の離脱に繋がります。

また、比喩や例などの表現の割合が高くなると、出現するワードの割合が不自然になり、適切な検索キーワードへのインデックスを阻害してしまう可能性があります。具体例を挙げる場合は、画像を活用して、出現ワードのばらつきを抑える手法を選択します。

共起語を活用する。

共起語とは、特定の言語を連想させる言語です。例えば、選挙の共起語は出馬です。

キーワードの出現率ばかりを気にしていると自然な日本語にならず、くどさも感じることになります。そのため、共起語をバランスよく使ってライティングすることで、これらの解消を行います。

関連記事:共起語とは?SEOを意識したコンテンツ作りで重要な知識

発リンク

コンテンツは長く書けば良いわけではありません。また、参考にしているデータが信頼性の高いものを活用していることを表すためには、そのページにリンクした方が良いことがあります。

例えば、総務省のデータを参考にしている場合は、参考にしていることを表現するために発リンクを設置します。また、特定のワードについて詳しく掘り下げる必要性があれば、専用のコンテンツを作り、発リンクを設置します。

SEOライティングの仕上げ:画像の設置、メタディスクリプションタグ

SEOライティングの仕上げとして、画像とdescriptionを設置します。

画像の設置

小見出しごとに画像を設置します。この目的は、画像を設置することで、テキストだけで構成するより読みやすくなるからです。ただし、画像素材によっては、容量が重いなど表示速度を下げてしまう結果に結びつきます。そのため、Webpなどの速度を向上させる方式を採用します。

メタディスクリプションの設置

メタディスクリプションとは、コンテンツの要約です。検索結果に表示され、内容を紹介するものとなっています。100文字程度でコンテンツを読むことで何が得られるかを中心にまとめると良いでしょう。

まとめ

SEOでは、最初から良い結果を得られるわけではありません。順位を計測し、なぜ順位が上がらないのかを分析しつつ、改善を繰り返すことで順位が上がっていきます。事前にコンテンツのフレームワークを決めて置くと、リライトが後々しやすくなります。

SEOライティングの目的は、ユーザーにとってわかりやすい文章を作ることで、情報を吸収してもらうことでリードの獲得に繋げることです。そして、Googleに的確に情報を伝え、狙ったキーワードの検索結果に的確に表示させることです。