共起語とは?SEOを意識したコンテンツ作りで重要な知識

企業の認知を拡大する方法として、コンテンツを積極的に配信することが重要になっています。Googleなどの検索エンジンから自然流入を獲得することになりますが、この時にキーワードばかり意識しすぎると、不自然な読みづらい文脈になってしまいがちです。

そこで、知っておきたい言葉として、共起語です。共起語は、自然流入を獲得できるコンテンツを作り続けるためには把握しておくべきものですので、是非、SEOを担当しているマーケッターやライターは知っておいてください。

共起語とは?

共起とは、ある単語がある文中に、別の関連性が非常に高い単語が出現することです。例えば、選挙では、出馬がセットになっていることが多いため、選挙の共起語は出馬になります。

ある意味連想ゲームに近い原理ではあるのですが、複数の共起語が出現しているコンテンツは、特定の単語について書いていることを認識することが可能です。

例えば、選挙という言葉を頻出させなくても、出馬・応援・政治・マニュフェストなどの言葉の出現頻度が総合的に高ければ、そのページのコンテンツのテーマは、選挙と認識することが可能です。

関連語とサジェストキーワードとの違い

SEOでは、共起語の他に関連語やサジェストキーワードが存在します。

関連語とは?

関連語

検索エンジン側がユーザーの行動履歴のデータを分析し、特定のキーワードが検索された時に、検索される意図が似ていると予測して表示されたものが関連語になります。共起語はコンテンツの構成に活用しますが、関連語は、1つのコンテンツのキーワードとして活用することや目的キーワードのコンテンツの内容の一部として活用します。

サジェストキーワードとは?

サジェストキーワード

サジェストキーワードとは、検索した時に、特定のキーワードを拡張して検索エンジン側が候補として表示するものです。関連語との違いは、必ずキーワードが盛り込まれている複合キーワードになります。

共起語をSEOを目的にしたコンテンツに活用する目的は?

一昔前のSEOのノウハウには、狙ったキーワードの出現頻度を考慮する必要性がありました。これは、検索エンジン側が文脈を理解出来なかったためで、キーワードの出現頻度で判定していたとされていたからです。

しかし、現在は、文脈を判定するAIが進化しており、文脈も理解します。そのため、キーワードではなく、共起語などからもそのコンテンツのテーマを判定し、より適切な検索結果に反映させています。

また、出現頻度を考慮しすぎたコンテンツの文脈は、不自然な言葉になっていることも多く読みづらいというデメリットがあります。そのため、共起語を適切に盛り込むことで、より自然な言葉にすることが可能になり、コンバージョンもさせやすくなっています。

共起語を調査する方法

では、共起語を調べる方法にはどのような方法があるでしょうか?以下の方法があります。共起語は基本的に無料で調査することが可能です。実際に共起語を抽出してみると、抽出の精度が異なっていることから若干結果が異なります。これらの結果を並べてみて判断し、活用する共起語を選択するのが良いでしょう。

共起語検索

共起語検索

実際の検索結果のTOP30のコンテンツを分析した共起語の候補を表示してくれる。ただし、表示の速さから特定の時期に調査したデータを参照していると考えられ、おそらく最新の結果ではない。

参照リンク:共起語検索

サクラサクラボ SEOツール

共起語や関連語を調査することが無料で可能。(ただし、会員登録必須)1日に最大10キーワードまで調査することが可能で、リアルタイムで調査するため、無料で調査できるツールの中では最も信頼性が高い。

参照リンク:サクラサクラボSEOツール

まとめ

コンテンツマーケティングでは、上位表示させることが直接的な目的ではなく、内容をしっかり理解してもらうことがとても重要と言えます。そのため、不自然な文脈を極力避けるためには、共起語を積極的に選択することも必要になるでしょう。

また、コンテンツを外部のライターや編集者に依頼する場合は、事前に共起語のリストを指示書に示しておくと適切なコンテンツを作りやすくなり、結果的にマーケティングの成功にも繋がると思います。