SEOを行う場合のCMSは何が良いのか?【CMS・SSG】

CMS

SEOでは、”何を使ってSEOをするのか?”で悩まれます。

もちろん、WordPressで良いのですが、WordPressの大きな問題点として、動的サイトを生成するCMSであるため、初回の際は、データベースから読み込む必要があり、応答時間がかかってしまいます。

モバイル環境でも問題なく読み込まれるためには、データベースの読み込みを必要としない静的サイトを生成するCMSの方が優れており、特にスマホで閲覧されることを前提としたメディアを作成するならばWordPressで作成しない選択肢もありえます。

WordPressの初回の応答時間がかかるデメリット

オウンドメディアの作成で基盤になるCMSとして広く活用されるWordPressですが、拡張することが簡単である反面、動的サイトでコンテンツが生成されるデメリットがあります。

動的サイトは、データベースを読み込み、複数のパーツから1つのページを表示するという仕組みであり、1つのHTMLとして生成される静的サイトに比べると表示までに時間がかかります。ただし、キャッシュを利用することで、2ページ目からの表示を高速化できます。

問題は、この初回の閲覧での応答時間の長さであり、Googleの検索アルゴリズムの要素でもあり、サイトの健全性の指標であるWebVitalsは初回の閲覧でスコアリングされると考えられるからです。そして、現在は、モバイル環境での評価を主軸にしているMFI(Mobile First Index)です。モバイル環境でのWebVitalsのスコアの低さが、SEOのマイナス要因になる可能性もありえます。

そこで、データベースの読み込みが不要な静的サイトを作りたい場合は、静的サイトジェネレーターや静的CMSを利用するのが一般的です。例えば、欧州で人気の静的サイトジェネレーターのGatsbyやライセンス費用が発生することからWordPressに覇権を奪われる形になったCMSのMovabletypeが該当する手段になります。

WordPressでも静的サイトの作成は可能ではありますが、プラグインの機能が使えなくなったり、編集の手間がかかるなどそもそもWordPressのメリットである管理の手軽さと高機能を捨てることになります。

外部サイト:WP2StaticでWordPressを手軽に静的サイト化!(ATTA!DESIGN)

SEOをしたい時は何を使うのか?

結論としては、それぞれの用途にマッチした方法を選択するのが一番です。SEOでは、コンテンツを追加・更新する作業がものすごく重要であるため、扱いやすさを重視するのが良いでしょう。

WordPress

WordPressがSEOに強いと言われていますが、CMS自体がSEOされているわけではなく、知識があれば相応のカスタマイズができることに加えて、ページ追加・更新が簡単であるためコンテンツの管理がしやすいからだと思われます。WordPressで作成されたメディアでは、表示速度が短いものもあれば、いつまで経っても読み込みしているものも存在します。

WordPressでWebVitalsを高めるためには、できる限り応答時間を短縮化する対策が必要になります。

例えば、一つのページを表示するために、読み込むデータベースの数やファイル数を減らすため、プラグイン、CSS、JSファイルの数を減らします。また、フォントの指定をするファイルは先に読み込まれるように指定します。また、サーバーのスペックも強く影響するため、Mixhostなどの高速サーバーを活用します。

HTML・SSG

表示速度やセキュリティーの問題点を考慮して、静的サイトを作成したいという場合は、DWなどでHTMLを書いて、直接サーバーにアップデートする方法や静的サイトジェネレーター(SSG)を活用してWebサイトを作成します。

問題点としては扱いづらく、様々な機能を実装したい場合は、プログラミングの知識が必要です。また、大量のコンテンツを管理する手段としては、適切ではありません。CMSに比べると歴史が浅いため、今後改善されていく点であるとは思われます。

Movabletype(MT)

SixApart社が提供するCMSです。WordPressとの違いは、商用ライセンスが必要ですが、出力されるファイルは静的ページになります。そのため、初回のアクセスの際のデータベースの読み込みが必要とせず、純粋な必要ファイルの読み込みになります。そのため、WordPressに比べるとWebVitalsのスコアが高くなります。

インバウンドセールスを主軸に考えた時に、オウンドメディアには様々なツールを組み込むことになるため、できるだけ高速化したいと考えます。将来的に主流のCMSに返り咲く可能性もあります。

note

蛇足ではありますが、noteでSEOを行っている人もいるようです。noteは、共有ドメインで運用されているブログサービスであり、全員共通のシンプルなデザインであるため、書くことに集中できることが特徴です。また、会員向けにサブスクで課金できるなど様々な付加価値があります。

共有ドメインの特徴は、強いドメインパワーを使って記事を書くことができるため、新しいドメインに比べると上位表示がしやすいメリットがあります。しかし、Googleは多様性を重視しているため、1つのドメインのコンテンツばかりを表示するということはしません。その結果、noteでは、1つのキーワードでの表示を争うことになります。

誰も書かないようなニッチなテーマでコンテンツを書いていくのであれば、露出は獲得できるかもしれませんが、リードの獲得などの目的からずれては元も子もありません。noteを活用する場合は、SEOではなく、noteを好んで読んでいる人向けにコンテンツを書くのが良いでしょう。

有料CMS

大手メディアになると、訪問者が大量流入した時のサーバーへの負荷やセキュリティー面などを考慮して、オリジナルのCMSを開発したり、有料で提供されたCMSを活用することがあります。

リードのリストをある程度膨大に保有していたり、業界のポジションがリーダーであることで、メディアの成功が見えている場合に検討します。また、WordPressの弱点でもある項目の多いダッシュボードをシンプルなものにできるのもオリジナルCMSの良い点です。

開発費用と維持費用が高いことが問題点です。

まとめ

SEOでは、コンテンツの追加・更新などの作業を頻繁に行うため、使い勝手が優先されます。基本的には、WordPressで良いのですが、WordPressは動的サイトを生成するため、初回の読み込みが静的サイトに比べると長くかかり、サーバーへの負荷も大きくなります。

スマホなどで閲覧されることが前提であり、コンテンツ数も多く用意する必要がなければ、静的サイトを生成するSSGを活用するのが良いでしょう。ただし、現状では、知識が全くなければ扱うことができません。