開業時にホームページを簡単に自作するおすすめの方法4選

開業時に、助成金や補助金の申請をする時に、ホームページが必要になるケースがあります。そのため、ホームページを開設しようと思っているけれど、「お金がない」ことから自作を考えている人もいます。

現在は、さまざまなサービスがあることからHTMLやCSSの知識が特になくてもホームページを簡単に作れるようになりました。ただし、ホームページを開設するだけの目的なのか、その後に集客や通販などのマーケティングも込みで行うのかで選択基準が違ってきます。

ここでは、複数の開業時にホームページを自作する方法を紹介し、それぞれのメリットとデメリットを比較します。

この記事はこんな記事

開業予定でホームページを自作したい。
作り方がたくさんありますが、何が良いのかわからない。

おすすめのホームページの自作方法を紹介します。
それぞれの自作難易度とメリットを紹介しますので、
自分にあったサービスを選択してください。

目次

開業時のホームページに求められる要素とは?

開業の時のホームページには、大きく分けると2つの目的があります。

1つは、補助金や助成金の申請の時に、事業実態としてホームページのコピーの提示を求められることがあります。そして、もう1つは、集客、通販、採用などのマーケティングを行う目的です。

後者を意識して作成することが望ましいですが、簡単に自作でホームページを自作することを優先した時は、前者を意識して実態のみを掲載するホームページを自作するのがてっとり早いです。

また、ホームページに掲載する情報はあらかじめ決めておくことが基本です。これは、情報収集の効率化や欲しい機能を具体的にすることが目的です。

Cacoo(カクー)|オンライン作図ツールを使うことで、マインドマップを簡単に作成することができます。

【結論】ホームページを自作するには、どうするべきか?

ホームページを急いで作る必要があれば、自作せずに任せるのが良いですが、とにかく時間がないのであれば、WordPressを使えるようになるまでは時間がかかります。

そのため、助成金や補助金の申請にホームページを使うのであれば、ペライチを使えば、すぐにホームページを作ることができます。ただし、SEOなどは、ページ数やサイトの規模が大きく影響しますので、WordPressで徐々に作り込み、入れ替えを行うのがよいでしょう。

開業時のホームページを自作するおすすめの方法 4選

開業時のホームページを作成するのに、よく選ばれるサービスを紹介します。最近では、WordPressを使って自作する人も増えていますが、知識なしに完成させるまでに時間がかかりがちです。

そのため、ペライチなどのテンプレートにテキストや画像を差し込むだけのサービスを活用し、簡単にホームページを作成し、助成金などの申請を行うこともあります。

サービス月額作成難易度マーケティング
WordPressなし(ただし、サーバー契約が必須)若干知識が求められる
ペライチ0円〜簡単
Wix0円〜簡単
グーぺ1,100円〜簡単

ホームページを自作するサービスの中で人気のサービスを4つ選択しました。

1. WordPress(ワードプレス)

その中で、マーケティングを意識した時には、プラグインによる機能拡張性やSEOなどでは網羅性を求められることからページを増やし続けることができるWordPressが良いです。ただし、自由性の高さや設定の箇所が他のサービスに比べて多いため、制作の難易度が上がります。

WordPressでホームページを自作するポイントは、レンタルサーバー、WordPressテーマ、プラグインを適切に選ぶことです。レンタルサーバーは、料金よりもセキュリティ面や表示速度対策が万全のものを選択し、WordPressテーマは情報量が多いものを選択します。アフィリエイターがよく紹介しているサービスや製品は、よく使われているものです。

プラグインは必要最低限のものを選択しましょう。

ちなみに私が使っているレンタルサーバーとWordPressテーマは次に紹介するものを使っています。

表示速度と安定性のレンタルサーバー「エックスサーバー」
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • 1台あたり1千万円を超える最新の商用サーバー機器を採用
  • 安定的なサーバー速度を提供する「リソース保証機能」
  • コスパが高い。設定も使いやすい
  • 自動バックアップ機能で、14日以内であれば復旧も可能
WordPressテーマ「SWELL」
総合評価
( 5 )
メリット
  • アフィリエイトやサイト運営に適したデザイン性である。
  • 内部SEOが万全であるため、コンテンツ作成に注力することができる。
  • 編集しやすいオリジナルのエディタであり、効率よく執筆できる。

2. ペライチ

WordPressに挑戦したいけれど、自作に自信がない人に一番おすすめのホームページ作成サービスです。

ペライチの良いところは、リスティング広告としても使えるデザインテンプレートが豊富であり、画像やテキストを入力するだけで簡単にホームページを作成できる点で、手っ取り早く広告にも使えるホームページを作れます。

手軽に作成することができるため、とりあえず手っ取り早くペライチでホームページを自作し、後ほどWordPressで作り直すということは、よくやられていますし、よくやります。

プランによって使える機能が異なります。フォームの設置は、ライトプランからですし、アクセス解析はレギュラープラン以上である必要があります。ただし、これらで作成できるページ数は少なすぎるため、20ページ作成できるビジネスプランを選ぶ機会が最も多いです。

ペライチの詳細はこちらをご覧ください。

3. Wix(ウィックス)

Youtube広告などを積極に出しているホームページ作成サービスで、サービス名をよく知っている人も多いでしょう。

Wixのデザインテンプレートは、一般的なホームページのデザインから写真家・イラストレーターなどのポートフォリオなどに使えるものが多いです。

ビジネスプランでは、コンサルティングの決済で便利なサブスクや、通販など電子商取引に必要な機能が使えるなどがあります。ただし、通販サイトを目的にしているのであれば、Shopifyなどの方が優れていますので、最初からそちらを導入した方が良いと思われます。

4.グーぺ

グーぺは、GMOペパボが提供しているお店が簡単にホームページを自作できるホームページ作成サービスです。飲食店、美容、スクールといった店舗型ビジネスの他に、ビジネス、施設・団体、ハンドメイド作家、ポートフォリオにも使うことができます。

デザインテンプレートには、無料と有料があり、見栄えにこだわるのであれば、有料のテンプレートを選択したいところです。

Wix同様に技術がなくても簡単にホームページを作成することができますので、とりあえずホームページだけ作成したい人向けのサービスです。ブログ機能などがないので、SEOでGoogleなどに露出させる目的での運用はかなり難しいです。

無料のホームページは、Googleで自作することができる。

ホームページは無料で自作できるサービスが多いですが、フォームなど重要な機能が制限されていることも多く、ホームページは少なくとも、レンタルサーバー代がかかる有料であると考えた方が良いです。

そこにマーケティングで欲しい機能を拡張したり、見栄えの良いデザインテーマを導入することで、コストをかけていきます。

また、情報を掲載するだけであれば、Googleが提供しているホームページ作成のサービス「Googleサイト」を活用するのが良いでしょう。Googleサイトを使えば、簡単なテンプレートを活用して、簡単な構造のホームページを自作することができます。

ただし、情報を公開することだけが目的であるため、見栄えはそこまで良いものではありません。

ホームページを自作する時によくある質問

初心者でも簡単にホームページは自作できるのか?

ほとんどのホームページ作成サービスは、テンプレートに文言を当てはめて、画像を差し込むタイプのものです。

そのため、専門知識はほとんど必要がありません。ただし、WordPressのようなCMSは設定箇所が多いので、制作に時間がかかる可能性があります。その場合は、ペライチなどを選択し、後々WordPressなどで作り直しても良いでしょう。

HTMLやCSSの知識はあった方が良いのか?

ほとんどのサービスでは必要がありません。ただし、WordPressでは、フォームのビジュアルの調整などでCSSを使うことがあります。

WordPressを学ぶには何が良いですか?

WordPressは、とても情報が多く、Googleで疑問を検索すれば情報が見つかりやすいです。また、書籍も多数出版されており、その書籍通りの設定を行えば、とりあえずホームページは自作することができます。

ホームページに使う写真は、自分で撮影した方が良いですか?

写真素材を活用しても良いですが、店舗のホームページでは、商品や外観・内観の画像は必要です。また、飲食店では、画像のクオリティで来店動機にも紐づけられるため、プロのカメラマンを依頼した方が良いかもしれません。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次