フリーランスが自宅で仕事をするメリットとデメリット

リモートワーク環境の企業導入が進んでいる影響で、フリーランスも在宅で働きやすい環境にはなってきています。

しかし、自宅で仕事をするということは、家事育児を両立できるという大きなメリットもある反面、家族から依存されたり、思ったように時間のコントロールができないなどのデメリットもあります。

フリーランスが自宅で仕事をする時の良い点と問題になりやすい点を紹介します。

目次

フリーランスが自宅で仕事をした方が良いのか?

自宅の仕事は、誘惑が多かったり、家事仕事もやりながらになることも多く、仕事に集中するのが難しいです。業務の工程管理をした上で、進捗ができれば良いですが、モチベーションの維持が難しいのであれば、生産性が下がりますので、自宅で仕事をしない方が良いかもしれません。

多くのフリーランスは、この現状に直面しており、近隣のレンタルオフィスやシェアオフィスを契約して、可能な限り、自宅以外のところで仕事をしています。

自宅でできる仕事とは?

パソコン1台があれば、バーチャルオフィスツールが普及している関係で、どこでも仕事ができるようになった業務が増えました。

たとえば、デザイナーやプログラマーがわかりやすいですが、それに加えて、人事やマーケッターもリモートで仕事に着手することができます。リモートワークでもできる求人募集も増えており、労働環境は、通勤必須のものだけではなくなっています。

自宅でできる仕事を選ぶメリットとは?

自宅で仕事をすると、通勤時間がない。

特に都内ではイメージがつきやすいのですが、1日のスタートと終わりの時間に満員に近い通勤電車に乗り、オフィスに通勤しなければなりませんでした。

家賃の安い地域から副都心に出向くには、片道1時間程度、往復で2時間を費やすことが一般的です。

この時間は、週に、約10時間を通勤のために費やしていることになり、その時間を軽減できるのは、自宅でリモートワークをする最大のメリットとも言えるでしょう。

自宅で仕事をすると、子育てと両立もできる。

自宅で仕事をすることは、子育てとの両立が可能です。

時間の管理がつきやすくなっているため、子供の送迎のほかに、疾病時の対応もオフィス通勤の時よりはしやすくなります。

また、介護が必要な家族がいる時には、家族に介護を押し付けることなく、分担をしやすくなるのも自宅で仕事ができるメリットではあります。

周囲を気にせずに、自分の仕事がしやすいように環境整備ができる。

オフィスであれば、職場は共有のスペースですので、基本的に割り与えられたデスク周辺に私物を置くくらいのことしかできません。

自宅で仕事をする時は、デスクや椅子を自分の気にいったものに入れ替えることもできますし、自宅なので、模様替えをすることも自由に行えます。

自宅でできる仕事を選ぶデメリットとは?

誘惑が多く集中することが難しい。

オフィスで仕事をするのは、同僚と同じスペースで仕事をするため、集団行動で仕事に集中をしやすいメリットがあります。

自宅で仕事をする時には、その周囲の目がない一人で仕事をします。そのため、テレビ、ゲーム、VODなどの誘惑もあることから、気が付いたらゲームをしていたり、韓国ドラマに夢中になっていたということもあります。

家事と仕事を完全に分けるのが難しい。

多くのフリーランスがぶつかることで、家にいることで、家事を任せられる存在だと認識されます。通勤時間分、仕事の都合がつきやすいこともあるのですが、モチベーションのコントロールができる人でなければ、どちらも中途半端になりやすいです。

スペースを確保するのが難しい。

書類などや仕事で使う機器も家庭内に保管し、作業用のスペースを確保できなければ、食事用のテーブルなどでノートパソコンを広げて仕事をする必要性があります。

自宅のスペースは非常に限られています。例えば、1kの都内の一人暮らしでは、スペースの確保が難しいので、自宅で仕事をすることが難しいです。

離婚危機にもなりやすい。

自宅で仕事をすることは、結婚していた場合、夫婦が時間を長く共有することができます。そのため、共同養育もしやすいメリットがあります。

しかし、その反面、夫婦喧嘩も発生しやすくなります。リモートワークが普及した影響もあり、夫婦が仕事場を共有することで、さらに時間を長く共有することになりました。夫婦喧嘩は繰り返すと、離婚に至りやすいため、自宅に家族がいることを前提にした時は、家族の機嫌を損ねないように気をつけなければならない働き方と言えます。

フリーランスが仕事場を選ぶ際の基準とは?

現在、フリーランスで仕事をしている人からは、以下のことはよく悩みとして挙げられています。その場合の対処方法について紹介します。

家族が常に自宅にいる、もしくはスペースが限られている。

自宅に家族がいたり、仕事のスペースが限られている時は、自宅の外に仕事場を用意した方が良いです。家事育児と両立できることがメリットの一つではありますが、「家族に依存されることも多く、思ったように仕事に集中することができない。」と言われるケースが多いです。

この場合は、レンタルオフィスを借りて、自分専用の仕事場を他所に用意するのが良いでしょう。

モチベーションを保つことが難しい。

自宅で仕事をしていると、周囲の目がないため、パジャマで仕事をしたり、Youtubeなどを見てしまったりして、仕事へのモチベーションの管理が難しいのが欠点と言われています。

この場合は、周囲の目がある環境で仕事に集中できるようにするべきで、コワーキングスペースやシェアオフィスを契約し、仕事場を確保するのが良いでしょう。

フリーランスが在宅で仕事をする時は、住所を隠す。

クラウドワーキングサービスで仕事をとる時は、住所を公開しなくても良いため注意すべきことがないのですが、自分で仕事をとるスタイルにした時には、住所をホームページ、請求書などで公開する必要性があります。

家族がいたり、女性の一人暮らしだったりすると、住所をそのまま公開するのは、セキュリティー面で大きな問題があります。そのため、住所を公開せずとも、仮の住所を公開して仕事ができるバーチャルオフィスを採用するのが良いでしょう。

バーチャルオフィスには、住所を借りることができるほか、郵送物の転送や電話の受け取りなどのオプションもありますので、住所を絶対に公開したくないと思っている人は、郵送物の転送まで組み込んだプランを申し込むのが良いでしょう。

GMOオフィスサポート
メリット
  • 好立地な場所(渋谷、新宿、銀座、青山、名古屋、大阪等)の住所を借りれる
  • GMOあおぞらネット銀行との銀行口座開設
  • 事業計画書のフォーマットを提供
  • ビジネスクレジットカード作成
  • 住所のみであれば月660円~のコストで利用可能
  • コワーキングスペースなどの仕事場が確保できていれば、住所対策に適している。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次