SEOとリスティング広告ではどちらを先に実行するべきか?

いわゆるサーチエンジンマーケティングでは、SEOとリスティング広告を組み合わせて、顕在ニーズを拾い上げることを目的にしています。

しかし、予算に制限がある場合どちらも実行できるわけではなく、事業のステージによって、「すぐ顧客が欲しいのか?将来的に欲しいのか?」の条件が異なります。

そこで、SEOとリスティング広告では予算が制限されている場合、どちらを優先するのかを解説します。

SEOとリスティング広告の違いとは

SEOとリスティング広告は、検索エンジンを使うユーザーを対象にしたマーケティング手法です。キーワード検索という行動を起点にしていますので、ニーズが顕在化している人が対象であることで一致しています。

SEOとリスティング広告の施策の違い

SEOではWebサイトを制作し、リスティング広告ではランディングページ(広告ページ)を制作します。

SEOの施策

SEOでは、内部対策と外部対策が存在し、簡単にいうと内部対策は、サイト内のリンク構造の最適化、表示速度の向上、表示の安定化、適切なコーディングの実施です。また、外部対策は、いわゆる被リンクの獲得になります。

特定のキーワードで上位表示するだけではなく、複数のキーワードの流入を求めることから、コンテンツが量産できる環境が必要になりました。そこで、オウンドメディアが普及し、コンテンツの量産のためのライターの供給を行います。それぞれのページの順位を計測し、改善することで、各キーワードの表示順位を上げていくことが施策です。

リスティング広告の施策

Google広告やYahoo!広告で対象にしているキーワードやターゲット設定を行い、フレーズを設定します。コンバージョン数やコンバージョン率を計測し、設定の見直しやランディングページの改善を繰り返します。

効果を発揮するまでの時間

すでにページができているのであれば、リスティング広告は広告の設定を行い、審査が通れば1営業日以内にスタートできます。SEOでは、コンテンツの供給や修正が基本的に必要になるため、準備期間に時間がかかります。また、コンテンツを準備してからGoogleのアルゴリズムが評価するまでですので、さらに時間がかかります。

表示ページをコントロールできるか

リスティング広告は、表示するページをコントロールすることができます。SEOは、GoogleのAIが判断することになりますので、コンテンツのキーワードが重複している時や長文コンテンツが存在する時には、どれが表示されるのかがわかりません。長文コンテンツは情報量も多いため、他のコンテンツの表示を阻害するカニバリゼーションが発生しやすくなります。

クリックされやすいのはどちらか

リスティング広告の広告枠は、SEOの検索結果が表示される箇所を挟んでいます。そのため、上部に表示されれば、通常はリスティング広告の方がクリックされます。ただし、フレーズがユーザーの意図とはずれている時には、クリック率が下がる傾向にあるため、もし、表示順位が高いにも関わらずクリックされなければ、フレーズを見直す必要があります。

費用

リスティング広告は広告なので有料ですが、SEOは自分でやれば無料でできます。

ただし、これは両方自分でできるビジネスオーナーであることが前提で、スタッフにやってもらう場合は、SEOには時給がかかります。また、確定的に結果が出せるとは限りませんし、現在の検索結果は、SEOのプロが着手した結果になっているため、基本対策費はSEOの方が高額になります。これは、素人では太刀打ちできないためです。

SEOで結果を出すことができれば、継続的に自然流入を広告費なしで獲得できます。

結論:リスティング広告が優先になる。

リスティング広告は短期の対策であり、SEOは長期の対策になります。

顧客がいなければ事業ができないため、マーケティングでは、顧客獲得ができるリードタイムの長さが重要になります。リスティング広告は、このリードタイムを入札価格で買って短くするマーケティング手法です。

リスティング広告を活用し、Googleアナリティクスで計測することで、どのキーワードが収益に繋がっているのかを判定することも可能です。そのスコアが高いキーワードで後々SEOを実施するのも良いでしょう。

関連記事

SEM(サーチエンジンマーケティング)とは?

SEO(検索エンジン最適化)とは