MENU

飲食店のGoogleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)活用方法

飲食店にとってGoogleが提供しているサービスは非常に重要な集客源です。

例えば、出先でカフェを探す時に、Google検索やGoogleマップで「近くのカフェ」と検索し、出力された候補のカフェの口コミや写真を参考にして、行くお店を決定します。

ここで、出力される情報は、Googleビジネスプロフィールと呼ばれるGoogleが提供する無料のサービスが使われます。

目次

Googleビジネスプロフィールとは?

Googleビジネスプロフィールは、ビジネスオーナーがGoogle上で自社の事業情報を管理し、公開するためのツールです。このプロフィールには、事業所の名前、住所、電話番号、営業時間、写真、顧客のレビューなどが含まれます。これにより、検索結果やGoogleマップでの事業の見つけやすさが向上し、集客がしやすくなります。

ただし、Googleビジネスプロフィールは、編集や作成は、ビジネスオーナー以外にも権限が与えられています。そのため、アカウントを作成していないのに自店舗のアカウントが存在していたり、情報が書き換えられていることがあります。

すでにアカウントが存在する場合は、新たにアカウントを作成するのではなく、そのアカウントのビジネスオーナーを申請するようにしましょう。

Googleビジネスプロフィールはどこに表示されるのか?

Googleビジネスプロフィールは、Google検索結果とGoogleマップの両方に表示されます

ユーザーが特定の事業やサービスを検索すると、関連するビジネスプロフィールが検索結果に現れることがあります。これは、「近くの」や「特定地域の」検索意図が含まれているローカルクエリの時に表示され、距離が近く人気の店舗ほど上位に表示されます。

例えば、「東京駅近く カフェ」と検索すると、Google側で住所が推定され、そのエリア内で利便性がよく、評価の高いカフェが上位表示されるようになっています。

また、Googleマップでは、地図上での位置情報とともに、店舗や事業所の詳細情報が表示されます。これにより、潜在的な顧客が事業所を簡単に見つけ、訪問しやすくなります。

Googleビジネスプロフィールの登録方法とは?

Googleビジネスプロフィールを登録する手順は以下の通りになります。

Googleアカウントの準備

Googleビジネスプロフィールを作成するには、Googleアカウントが必要です。まだ持っていない場合は、Googleでアカウントを作成してください。また、自分用のアカウントで作成してしまうと、チームで管理しづらくなりますので、お店用のGoogleアカウントを作成することをおすすめします。

Googleビジネスプロフィールにアクセス

Googleビジネス(旧Googleマイビジネス)にアクセスし、「今すぐ管理」をクリックします。すでにGoogleビジネスプロフィールを利用しているアカウントでは、管理画面が表示されます。その時は、ビジネス情報を追加からビジネス情報を1件追加するを選択します。

事業情報の入力

事業名、所在地、業種などの基本情報を入力します。これらの情報は公開され、検索結果に表示されます。どれも検索性に影響しますので、正確に入力する必要があります。

特に注意が必要なのは、事業名で検索されやすくするために、事業名にはないショルダーネームを登録してしまうことです。例えば、「小形屋」という名前の焼肉店が、「地域No. 1の品質の和牛を提供する炭火焼肉屋の小形屋」と表示するのは禁止されています。

事業所の位置の確認

事業所の正確な位置をGoogleマップ上で指定します。これにより、顧客が事業所を簡単に見つけることができます。

住所から位置が指定されますが、たまに大きく間違った位置が指定されていることがあります。この場合は、プロフィールの編集から所在地を選択し、マップ上にある調整ボタンを押して、正しい位置にピンを移動します。

連絡先情報の追加

電話番号やウェブサイトのアドレスなどの連絡先情報を追加します。

ビジネスオーナー確認

ビジネスオーナーであることを確認する方法には、電話で確認する、郵送で確認する、メールで確認する、サーチコンソールで確認する方法があります。それぞれの方法で、確認コードを受け取ります。このコードを受け取ったら、Googleビジネスプロフィールにログインしてコードを入力し、確認プロセスを完了させます。

  • 電話確認は、フリーダイヤルでは確認することができません。
  • メールで確認する時は、ホームページとドメインが一致しているメールでなければなりません。
  • サーチコンソールはすでにホームページが管理されていることが前提になります。ホームページ作成業者に確認してください。

Googleビジネスプロフィールの運用で重要なポイントとは?

顧客がお店選びをする時に、Google検索を行い、ビジネスプロフィールを見た時に確認する情報には、営業時間、定休日、写真、顧客からのレビューがあります。つまり、これらの情報が管理されていなければ、来店動機を作ることができずに、集客にならないことを意味します。

営業時間や定休日を登録する。

営業時間と定休日の設定はプロフィールの編集から行うことができます。営業時間の項目から曜日ごとの営業時間を設定します。また、祝日が休業日の場合は、特別営業時間で休業日を設定します。

写真を追加する。

写真を追加する時は、写真を追加するを選択すると写真をアップロードすることができます。ここでは、写真、ロゴ、カバー写真に分けられます。

ロゴは、レビューに返信した時に使われるアイコンのことで、本当にロゴでも看板メニューでも構いません。また、カバー写真とは、Googleマップでビジネスプロフィールが表示される時に表示されるヘッダー画像のことです。ここには店の外観を登録しておくと良いでしょう。

写真は可能な限りシズル感のあるものを投稿していきましょう。Googleビジネスプロフィールに登録された写真は、グルメサイトやホームページ以上に閲覧されるため、この場に表示される画像次第で集客の効率が改善されるからです。

写真は勝手にレビューで投稿されていきますが、適当に撮影された画像も相当数あるため、見栄えの良い画像を大量にアップロードすることで、表示割合を調整しましょう。

顧客からのレビューに返信する。

顧客からのレビューに関しては、原則として星だけのものでも返信します。評価の良いものには感謝を伝え、低評価のものには改善の意思を伝えましょう。

レビューは、原則として削除することができませんが、個人情報が混じっていたり、競合店舗への誘導が含まれている場合は、申請すると削除される可能性がありますので、管理画面から報告しましょう。

Googleビジネスプロフィールの最適化

登録後、営業時間、定休日、ビジネス情報、メニュー、写真、顧客からのレビューへの返信などを通じてプロフィールを最適化します。特に、営業時間や休みの確認は、Googleビジネスプロフィールで確認する人が多いため、最低でもこれらの情報は管理します。

最新情報の追加

定期的にプロフィールを更新し、正確で最新の情報を保持することが重要です。プロモーションやイベントなどの特別な情報を追加することもできます。これにより、お店が運営しているホームページやSNSを見なくても、Google検索やGoogleマップでお店の情報を知ることができます。

飲食店のGoogleビジネスプロフィール運用に関わるよくある質問

口コミは何件程度集めれば良いのか?

口コミを5件以上集めることで表示のされやすさが変わります。しかし、これは最低限の話であり、ローカル検索で十分な露出を目指す時は、口コミの件数も評価も高いに越したことはありません。近隣の競合店舗の口コミを見た上で、それに匹敵するくらいは必要と見るべきでしょう。

Googleマップで混雑する時間はどのように算出されているのか?

Googleロケーション履歴を有効にしているユーザーの行動から集計されたデータをもとにして算出されています。これは、待ち時間、滞在時間も同様に算出されており、十分なデータが集まっている店舗のGoogleビジネスプロフィールにはグラフが表示されます。

高級、お手頃などの表示はどのように決定されるのか?

参考にされていると考えられるのは口コミとアンケートです。口コミでは、食事、サービス、雰囲気の評価や、1人あたりの費用を入力することができるようになっています。また、アンケートはGoogleビジネスプロフィールに「この場所に行ったことがありますか?最新情報を共有する」と記入されている箇所をクリックすると答えることができます。これらの結果を総合的に判断して、安価、お手頃、高級、贅沢の表記がなされます。

ユーザーからの口コミの投稿や編集を拒否することができるのか?

拒否することができません。また、ガイドラインに違反する誹謗中傷や競合店舗への誘導に近い投稿があった時は、削除の対象になりますので、申請により削除を求めます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次