エステサロンの集客方法や効果的な集客アイデアとは?

エステサロンの市場規模は、矢野経済研究所の調査によると、2022年は3,272億円であると予測されています。市場全体としては、業界最大手企業が、中堅企業を傘下におさめており、経営の統合化が進んでいます。

市場の傾向としては、セルフケアの需要が伸びており、物販に力を入れるエステサロンが増えています。また、コロナ禍の影響があり、一時的に落ち込んだ市場も回復しており、エステサロンの今後の課題は、新規顧客の集客です。

エステサロンのターゲット層は明確であるため、魅力的な価値の訴求は比較的簡単です。そのため、集客の方法を工夫することで、安定した収益の増加が見込まれます。エステサロンの集客のポイントを紹介します。

目次

エステサロンの集客方法とは?

エステサロンに限らず、集客で重要なことは、「ターゲット層を明確にすること」と「魅力的な価値の訴求」です。エステサロンでは、美顔・美容脱毛に人気が集まっており、価値を可視化することができるので訴求が難しくありません。

ターゲット層を明確にすること

「女性専用」「メンズ専用エステ」などのターゲットをまず固めるのが重要です。市場規模では、総市場の7割が女性2,181億円に対して、メンズエステ市場は93億円と大きくはありません。エステサロンは店舗ビジネスですので、商圏があります。その商圏で店舗の運営ができるだけの集客が取れるようなターゲティングを行います。

魅力的な価値の訴求

美顔サロンでは、「シワのない顔になりたい」「綺麗な肌を維持したい」などのニーズがあり、非常にわかりやすいです。また、脱毛サロンもセルフケアでは難しい施術をすることができるなど、魅力的な価値観は掘り起こしやすいです。

顧客がエステサロンにお金を支払っても通いたいと思う魅力的な価値を定義します。価値を訴求するためにキャッチコピーの作成や適切な画像・コンテンツを選定します。

継続利用のための利便性を高めることは必須

エステサロンでは、継続的に利用してもらうことが特に重要です。新規顧客を獲得するためのキャンペーンを開催した時に、LINE公式アカウントへのおともだち登録や要望にあったプランの提案を忘れずに打ち出す必要性があります。

また、アナログな方法ではありますが、特定の施術の回数券を販売したり、カルテ制を導入して計画を作ることも既存顧客の維持に効果があります。

エステサロンの具体的な集客方法とは?

店舗検索・予約サイト

ホットペッパービューティーなどの店舗検索・予約サイトは、手間をかけずに集客できることがメリットです。エステサロンのメインターゲット層に強いため、Googleなどの検索エンジンでも上位を独占しています。

絶大なサイト集客力はありますが、さらに予約サイト内の検索で上位に表示されないと集客にはつながりません。これらの予約サイトの表示順は、多くが広告のプランで決まってしまうため、地域によっては、毎月数十万円の投資が余儀なくされてしまいます。

SNS

SNSでは、インフルエンサーや有名人の日常的な投稿や考えの近い知人から情報交換するために活用されている傾向があります。特に、主に画像を使うInstagramと主にショート動画を使うTikTokが人気です。

エステサロンの問題は、地域ビジネスであるため、フォロワーの獲得もエリアを絞り込めないと意味がないことです。この問題の解決方法は、各種SNS広告を使い、魅力的な価値を伝える画像やショート動画を用いて、エリアを絞り込んだ広告を使うことです。

すぐに集客力のあるアカウントに育成したい時は、認知度拡大のための広告費の投資を行い、投稿内容も興味のある美容関係の情報に絞り込んで発信しましょう。

Googleビジネスプロフィール

ローカルパック(Google検索)
Googleマップ

Googleビジネスプロフィールとは、Googleがマップや検索エンジンに表示されるローカル情報です。無料で利用することができます。

通常のGoogle検索とマップ検索では、該当の情報が掲載されているウェブサイトのページとビジネスプロフィールが検索される違いがあります。Google検索では、ホットペッパービューティーの検索ページが表示されますが、マップ検索では、これらが除外になります。

脱毛サロンや美顔サロンで近隣で検索された時に露出が期待できます。ただし、激戦区では、割引を探して店舗を検索する傾向があるため、Googleビジネスプロフィールは、あくまで店舗の存在を知るきっかけ程度にしかならない可能性もあります。

WordPress

検索エンジンで情報を表示させるためには、Webサイトやブログを作らないと表示されません。この時に、エステサロンのオリジナルのURL(独自URL)で作らないと、共有されたドメインでは屋号でしか表示されないデメリットがあります。

検索エンジンでは、屋号を思い出すことができず、過去に受けたキャンペーン・企画の記憶からキーワードを掘り起こし検索されるケースもあります。そのため、Webサイトは作成したら終わりではなく、顧客が検索するキーワードをベースにしたコンテンツを充実化させましょう。

WordPressを使うと見栄えの良いウェブサイトを自作することができます。ウェブサイトは見栄えの良いわかりやすいランディングページと、特定の施術ができるエステサロンを探している検索の受け皿になるブログページの両方が重要です。
WordPressで使える優秀なデザインテーマ

チラシ

店舗の業態では商圏が限られており、そのエリアに絞り込んだアプローチをすることで、経営しているエステサロンの認知度が高まります。チラシの投函は、直接店舗の存在を知らせることができます。ウェブ集客の弱点である検索されたり、広告を出稿した媒体ユーザーのみにしかリーチしないことをカバーしてくれます。

チラシの投函は、自分でも可能ですが、時間効率を考えると、印刷会社に依頼するのが良いでしょう。それは、エステサロンは美的意識の高いターゲットに限られるためで、飲食店ほど反応率が高くありません。そのため、1万枚単位での配布が必要になり、到底自分だけでは配ることができないからです。

LINE公式アカウント

既存顧客の維持のためには、簡単に情報を伝えることができるようにすることが重要です。

LINE公式アカウントは、ビジネス用のLINEアカウントです。キャリアメールが使えない契約をしているユーザーが増えており、代わりにLINEが使われており、シェアは9割を超えています。

LINE公式アカウントのメリットは、デフォルトでクーポンの発行ができることやメールと違ってキャリアメールの設定などでメッセージが届かないことがありません。また、第三者の企業が開発したツールを連携させることでリマインドメッセージを配信し、予約忘れなどを防止することも可能です。

まとめ

エステサロンは、個人事業でも行えることから、開業しやすいけれど、市場がそこまで大きくありません。そのため、商圏からの顧客掘り起こしは大変です。ポスティング広告では、0.01%(1万通に1人の反応率)で考えるべきでしょう。特定の施術に特化したエステサロンであれば、「なんのための施術」なのかが明確なので、訴求が簡単です。

そのため、反応率の高い広告を作り、集客効率を上げることを優先して考えましょう。

【集客をもっと伸ばしたい方へ】

予算に合わせた低リスクで集客の効果を生むには、戦略が必要。
集客のサクセスパートナーでは、様々な視点で、クライアントの顧客増加の土台になる戦略立案〜施策の実行をサポートいたします。

よかったらシェアしてね!
目次