【東京エリア】格安のバーチャルオフィスでおすすめのサービス

バーチャルオフィスは、開業資金を節約するために検討します。副業で検討されるケースも多く、できるだけ格安のバーチャルオフィスを探したいと思います。ただし、住所だけを利用するバーチャルオフィスであっても、押さえておきたいポイントもあります。

バーチャルオフィスでは、人口の多い地域に住所を置くことが基本で、当たり前のように東京が一番人口が多いです。そこで、東京エリアで格安のバーチャルオフィスの中でおすすめのサービスを紹介したいと思います。

  • このコンテンツには一部広告が含まれております。
目次

バーチャルオフィス選びをする時に考えるべきことは?

バーチャルオフィスを選ぶ時には、住所を借りるだけであれば、料金が格安のサービスを探すのが良いでしょう。ただし、以下のポイントも踏まえないと、後々別のサービスを選択しなければならないことになります。

格安のバーチャルオフィスを選ぶ時は注意が必要。

バーチャルオフィスの価格は、サービス運営者が住所を取得した費用やシェアリングする事業主の数によります。つまり、格安のバーチャルオフィスの場合、住所が重複している事業所がとても多くなります。

また、コストが安い住所を借りることは、玉石混合の質の事業所がひしめき合うため、他所の事業所がトラブルを引き起こした時に、同一の住所の事業所として巻き込まれる可能性も否定はできません。

料金は、ある種のフィルターになることもありますので、とにかく安いバーチャルオフィスを選択するのは、避けた方が良いかもしれません。仮に、何かの犯罪のお金の資金洗浄の目的の企業が法人登記されていた場合、信用面で大きな打撃を受ける可能性はあります。

そのため、基本的に電子本人確認(eKYC)を導入して過去の不正をチェックしているようなバーチャルオフィスを選択することが必要です。

バーチャルオフィスのサービスにどこまで求めるのか?

バーチャルオフィスには、実はさまざまなサービスがあります。

例えば、シェアオフィスや会議室を実際に運用しており、会員になることでそのスペースを活用できるなどの特典をつけているバーチャルオフィスサービスもあります。

バーチャルオフィスを活用する時に、法人登記の可能性もそうですが、会議室利用の必要性も加味しておいた方が良いでしょう。

コンサルタントなどの業務では、例えばカフェでミーティングすることも可能ではありますが、周囲の雑音が問題になりやすいため、会議室をレンタルできるサービスがあるバーチャルオフィスの方が良いかもしれません。

住所の選択もマーケティングに若干関わる。

例えば、対象にしたいエリアが明確にあれば、その中の可能な限り中心のエリアに住所がある方が望ましいです。

これは、検索した時に近くのビジネスプロフィールなどでは近くの地域にあるビジネスが優先して表示されるなどがあり、マーケティングに若干影響はあります。

東京は同業他社が密集しやすいため、この若干の差が、年間で数件の仕事の受注の差になり得ます。そのため、住所にも注目したいところです。

東京住所のバーチャルオフィスを選択するメリットとは?

東京に住所を置くメリットは、やはり顧客が多く、東京の単価での仕事の受注が可能な点です。

例えば、ホームページ制作では、近くの業者に依頼することも多いです。この時に、クライアントの予算が影響します。基本的に地方ほど予算が少ないため、ホームページ制作に対する単価も低くなります。

拠点は関係ないとされがちですが、業者に依頼する時は、近くに拠点があるからという理由で選ぶ人も多く、当然東京の住所を表示していた方が単価の高い仕事の依頼が増えてきます。

また、東京の方が顧客数も多いため、Googleビジネスプロフィールを含めた露出も都市部の方が有利になります。

ただし、これにはリモートワークができることが前提で、東京出張が必要になることもありえます。

東京でおすすめのバーチャルオフィス

バーチャルオフィスであれば、間違いなく東京の住所は完備しています。

それぞれのサービスの見方としては、基本的な郵便物の転送のサービスがあるのか、法人登記が可能なのか、必要によっては法人の銀行口座を開設できるのかも注目して選びます。

おすすめのバーチャルオフィス① GMOオフィスサポート

渋谷、新宿、銀座、青山といったビジネスの主要エリアを選択することができます。

特徴としては、わかりやすいパッケージ、格安、GMOのビジネスサポートを受けることができ、GMOあおぞらネット銀行で銀行口座の開設を行うことができます。

住所だけを借りる目的であれば、月額660円です。これは、ネットショップの運用にも使えますし、請求書などの書面で実際の住所を使うフリーランスには十分です。

プラン月額
月1回転送プラン1,650円
隔週転送プラン2,200円
週1転送プラン2,750円

また、これらの郵便物の転送プランからは、法人登記とビジネスサポートがあり、銀行の紹介を受けることもできます。

ビジネスサポートの中身は次の通りです。

  • GMOあおぞらネット銀行との銀行口座開設
  • GMOあおぞらネット銀行の法人、個人事業主口座開設申込に利用できる
  • 事業計画書のフォーマットを提供
  • 会計サービスの提供 ・ドメイン/メールアドレスの提供
  • 電子印鑑のご紹介
  • 法人設立代行の登記に強い司法書士をご紹介
  • ビジネスクレジットカード作成
  • 法人設立印鑑セットの提供
  • 名刺提供

GMOグループは自社の銀行を持っていることや経営のサポートをするサービスも展開しているため、手厚いバックアップがあるのが強みです。

ただし、レンタルオフィスではないので、その住所で面会するということができないデメリットもあります。ワークスペースが確保できる、通販などの住所を借りるだけの目的では、十分なサービスです。

おすすめのバーチャルオフィス② レゾナンス

レゾナンスは、浜松町、銀座、渋谷、新宿の一等地に貸会議室があります。

特徴としては、スタッフが常駐しているバーチャルオフィスであり、ネットショップ応援プランは、月額880円ですが、週末の郵便物の転送と、銀行紹介のサービスが住所貸しの他についています。

また、ビジネス応援プランも年間払いであれば、1,650円と格安であり、こちらでは法人登記も可能です。また、それぞれの住所の貸し会議室をバーチャルオフィス契約者は会員価格で利用することができ、カフェではできないミーティングを周囲の目を気にせずに行うことができます。

郵便物の転送の頻度が、GMOオフィスサポートよりも今のところ高いので、実際の住所を晒したく、郵便物のやり取りが多くなる見込みの事業主は、レゾナンスの方がおすすめです。また、郵便物は、直接会議室に取りに行くことも可能です。

おすすめのバーチャルオフィス③ バーチャルオフィス1

バーチャルオフィス1は、渋谷を選択することができ、初年度の月額は880円です。更新後は、1,320円からで利用することができます。この料金で、週1回の郵便物の転送のサービスがついています。

バーチャルオフィス1は、レゾナンスのように実店舗があります。そのため、渋谷の住所で会議室を借りることもできますし、郵便物が届いた時は、LINEで通知が来るようになっています。対応が必要な書類が届いた時は、すぐに店舗にて受け渡しをしてもらうことが可能です。

また、この料金で法人登記もできるため、法人格で利用するのであれば、上記の2つのサービスよりも格安と言えます。

おすすめのバーチャルオフィス④ PocketOffice

PocketOfficeは、月額980円から利用することができる渋谷区の住所を借りることができるバーチャルオフィスです。貸会議室もあるため、商談やミーティングを対面でする必要性がある時は利用することもできます。

郵便物の転送に関しては、オプションになっており、月1回、週1回、その都度転送で料金に違いがあります。

助成金や補助金の申請に対するサポートもあり、完全成果報酬制で着手してもらえることが強みです。詳しくは、「Pocketofficeの公式ページ」内でサービス内容をご確認ください。

まとめ

副業ブームで、スモールビジネスで起業する人も増えています。ホームページを自作し、いざ営業ができる状態にしてみたものの、実際に寝泊まりをしている自宅の住所を公開するのは、セキュリティ面で問題があります。

そのため、バーチャルオフィスで住所を秘匿するのが基本になり、商売をするなら、東京のビジネス街の一等地を選んだ方が、周囲にたくさんの企業や人がいるので良いことになります。

可能な限り安いサービスを選んでしまいがちになりますが、安ければ安いほど、同じ住所をたくさんの企業が共有することにもなり、他社の抱えるトラブルを共有してしまうなどの危険性は上がります。

また、同じ料金でもサービス内容が違うため、郵便物転送の頻度、当該住所でミーティングの必要性、法人登記の有無などの条件で確認する必要があるでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次