レンタルオフィスとは?バーチャルオフィスとの比較とメリット・デメリット

起業をする時に、「広いスペースが必要ない」「できるだけコンパクトな起業をしたい」と思います。そんな時に、事務所を賃貸するのではなく、レンタルオフィスを契約することで問題が解決されます。

特にフリーランスの開業では、レンタルオフィスとバーチャルオフィスの2つで迷いがちです。また、事業所として活用できる安い賃貸物件を利用するのとも、実は違います。そこで、レンタルオフィスを選ぶメリットについて紹介したいと思います。

こんな記事です

起業しようと思っているけれど、自宅で開業が難しい。事務所まで借りる予算がないけれど、レンタルオフィスはどうなのか知りたい。

レンタルオフィスを選択する場合は、どんなケースがあるのか、そして選択するメリットや探す方法についても紹介します。

目次

レンタルオフィスとは?

レンタルオフィスとは、広義的な意味では、机、椅子、パソコン、プリンター、ネット環境などが用意されている貸事務所のことを言います。この意味では、シェアオフィスも含まれます。

ただし、レンタルオフィスというと一般的には、専用の個室もしくはブースが分け与えられており、常駐することができる空間のことです。

個別に事務所を作ると、水道光熱費、ネットや固定電話などの通信費、机、椅子、プリンターなどを用意する必要性があります。また、事務所は良い立地を選択すると家賃も高くかかります。

レンタルオフィスでは、これらを借り上げたり、設備をシェアすることで、大幅にコストを削減し、低リスクで開業をすることができます。

レンタルオフィスとバーチャルオフィスの違いとは?

レンタルオフィスとバーチャルオフィスでは、前者は借りた住所に常駐することが可能ですが、後者は住所のみを借りているわけなので常駐することができません。ただし、バーチャルオフィスでは、別途料金を支払うことで会議室を借りることができます。

レンタルオフィスとシェアオフィスの違いとは?

レンタルオフィスは、特定のスペースが分け与えられますが、シェアオフィスは、オフィスの一角を利用しても良いというものです。そのため、レンタルオフィスでは、業務に利用する私物を保管するロッカーや専用の電話線などが用意されていますが、シェアオフィスでは用意されていないことが一般的です。

Regus (リージャス)
総合評価
( 5 )
メリット
  • リージャスは世界最大手のレンタルオフィス会社
  • 日本では全国45都市、170拠点に展開
  • 敷金・礼金も不要なうえ、短期間からレンタル可能
  • 有名なサービスであり、提供するサービスの信頼性が高まる。
デメリット
  • 費用は高くはないが、格安でもない。

レンタルオフィスの契約にはこんな人がおすすめ

開業をするのであれば、バーチャルオフィスの選択肢もあります。レンタルオフィスよりも開業費用を節約するメリットがありますが、業務を行うスペースが別にあることが前提になります。

家庭で仕事ができないのであれば、長時間実務に集中できるスペースが必要です。そんな時は、レンタルオフィスの契約が検討されます。

開業費用を可能な限り節約したい。

お金がない。固定費を可能な限り節約したい。

事務所を自分で設立すると、事務所費用の他にも設備投資が必要になります。開業段階では、可能な限り、出費を節約した上で、準備期間も短くしたいため、設備が揃っているレンタルオフィスを借りた方が業務に集中することができます。

家庭に仕事を持ち込みたくない、もしくは持ち込めない。

家庭に仕事を持ち込むと、公私混同しちゃう。

フリーランスでありがちなのは、家で仕事をすることで、家事と仕事が一緒になってしまい、思ったように進まないことです。仕事のスケジューリングがつけづらいのが家で仕事をすることの弱点でもあります。

集中した環境で仕事をしたい。

家だと、いろんな誘惑も多くて。仕事に集中できる環境が欲しいな。

スペースが自宅しかないと、育児中などで集中したい時に集中できないこともありえます。そこで、カフェなどを利用することもあるわけですが、カフェは話す場でもありますので、集中できるとも限りません。そのため、仕事専用のスペースが欲しいと思うことが多くなります。

許認可が必要でバーチャルオフィスを選択できない業種

賃貸契約書が開業の認可に必要な業種・業態では、バーチャルオフィスが使えません。

セキュリティーや業務契約ができないなどの問題で、自宅での開業ができないこともあります。この時には、スペースは自宅にあるけれど、住所を借りる必要があり、バーチャルオフィスが検討されがちです。

しかし、業種によっては、賃貸契約書を開業時の認可の際に提出する必要があります。詳しくは、「バーチャルオフィスが利用できない業種・業態とは?」を参考にしてください。

レンタルオフィスを選択する時のポイントとは?

レンタルオフィス選びで失敗しないために、最低限以下のポイントを踏まえてください。

自宅からのアクセスの良い立地を選択する。

通いづらい立地のレンタルオフィスを選択すると、通勤することが面倒になってしまい、だんだんと行かなくなります。この場合は、バーチャルオフィスで十分になってしまうため、費用を無駄に支払ってしまうことになります。

一等地の立地よりも現在の自宅から通いやすい方を優先した方が良いでしょう。

設備の見学は必ず行なう。

一度、レンタルオフィスを決定すると、法人登記をする可能性も高く、すぐに転居することが難しくなります。そのため、あらかじめ仕事上に問題がないように設備の見学を行うことは必要です。

格安のレンタルオフィスでは、机と椅子、共用のプリンターや郵便箱があれば十分だとするフリーランスもいれば、コンサルタントなどの場合は、ミーティングが必要になります。そのため、空間的に落ち着くラウンジやドリンクサービスなどがあるレンタルオフィスを選択した方が良いこともあります。

少なくとも、業務ごとに必要になる設備やサービスは異なるのは必然ですので、見学は行いましょう。

周辺エリアの利便性

忘れてはいけない箇所として、レンタルオフィスの周辺の利便性があります。

例えば、役所が近くにあり、コンビニや飲食店が近隣にあった方が、郵送物のやりとり、手続き、昼食が簡単になります。

これらの利便性が悪いと、各種手続きが発生した時に、動き回る必要が出てしまい、生産性の悪化につながります。

レンタルオフィスを探す方法とは?

STEP
レンタルオフィスを検索する

レンタルオフィスを「エリア(駅)×レンタルオフィス」などのキーワードで検索します。

ただし、SEOやMEOに力を入れていないレンタルオフィスでも、優良なサービスを提供しているところが見つからないこともあります。

そのため、ハブスペなどの検索サイトを利用するのもありです。

Hub Spaces
総合評価
( 5 )
メリット
  • 予算にあったコワーキングスペース・シェアオフィスを検索することができる。
  • 付帯サービスなど細かな条件まで調べることができる。
  • ハブスペのスタッフの一言コメントがある。
  • おしゃれなシェアオフィスの紹介が多い
デメリット
  • 価格重視のシェアオフィスは少ない。
STEP
見学を申し込む

ハブスペなどでは、あらかじめ料金が表示されています。ちょうど良い費用感のところは、実際に見学をして比較するしかありません。そのため、見学を申し込みます。

見学の前に、業務に必要だと思われる項目をチェックポイント化し、どの程度満たしているのかを評価するのも重要です。

そして、最終的には、自身の直感で良いレンタルオフィスを選択しましょう。

STEP
契約する

最低契約期間と解約の条件は必ず確認しましょう。ビジネスは、計画通りになることが稀なので、転居の必要性が出た時に、解約できないと問題になるからです。

STEP
利用開始

まとめ

事業を開業すると、どこで仕事をするのかを考える必要があります。

自宅で行う場合は、バーチャルオフィスを選択することもあり得ますが、フリーランスでは、モチベーション管理などが難しいため、レンタルオフィスを検討することもおすすめしています。(「バーチャルオフィスとは?利用用途と契約するメリットやデメリット」を参考)

レンタルオフィスを検討する時は、自宅からのアクセスの良さと業務を行う時に必要な設備を特にチェックして最適なものを選択しましょう。そして、レンタルする時は、必ず見学にいきましょう。

アントレサロン
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • 1つ契約すると、アントレサロン全施設が追加料金無しで利用可能
  • 全施設が駅から5分以内で好立地
  • 行政認定施設のため入居者は創業支援制度を利用できる
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次