コワーキングスペースとは?レンタルオフィスとの違いと選択するメリット・デメリット

バーチャルオフィスやレンタルオフィスと同様に、スモールビジネスで起業する時には、仕事場をどのように準備するのかが話題になります。

とりあえず自宅で仕事ができるけれど、日によって騒がしくなったり、環境を変えないと仕事へのモチベーションが続かないという人も多いと思います。そのような人向けに気が向いた時に活用することができるコワーキングスペースがおすすめです。

目次

コワーキングスペースとは?

コワーキングスペースとは、事務所スペース、会議室、打ち合わせスペース、ラウンジなどを共有し、それぞれが独立した仕事をするための空間のことを指します。

コワーキングスペースは、場所や雇用関係に縛りのない人が利用しており、起業家、フリーランス、リモートワークが許可された会社員などが主に利用しています。
また、外出の多い営業マンなどは、日本中にネットワークのあるコワーキングスペースを月額で契約し、出張先の仕事場として活用するケースが多いです。

コワーキング(co-working)は、2005年頃にサンフランシスコを中心に始まったとされ、日本では2010年頃からコワーキングの概念が広まっていきました。

コワーキングスペースの利用がおすすめな人とは?

コワーキングスペースでは、主に仕事をするスペースを持っている人が、特定の業務に集中したい時に活用します。そのため、フリーランスで活動しているクリエイター、起業家、個人事業主が利用するケースが多いです。

また、移動や宿泊が多い時は、仕事をするスペースとして活用するケースがあります。

Regus (リージャス)のコワーキング・メンバーシップであれば、月に5日間、10日間を上限に世界中どこでもリージャスの共有デスクの利用と世界3000拠点のラウンジを利用することができます。

コワーキングスペースの利用がおすすめできない人とは?

レンタルオフィスを契約している時は、わざわざコワーキングスペースを利用する必要性はありません。しかし、ミーティングや気分転換のために、スポットで利用することもあるため、たまに利用するケースはありえます。

コワーキングスペースとレンタルオフィスの違いとは?

コワーキングスペースとレンタルオフィスの明確な違いは、専用スペースの提供の有無や契約体系の違いにあります。

コワーキングスペースには専用スペースが基本的にない。

レンタルオフィスやサテライトオフィスとして一部の区間を貸し出すスペースもありますが、基本的にコワーキングスペースは、会員に開放している空間を共有するものであり、専用のスペースを貸し出しているわけではありません。

そのため、どちらも設備は自由に使える反面、コワーキングスペースでは私物をそこに置いたり、デスクなどを移動することができません。

コワーキングスペースでは、スポットの利用が可能である。

レンタルオフィスの契約は、1ヶ月単位〜で、サービスごとに最低契約期間が異なります。それに対して、コワーキングスペースでは、スポットでの利用ができるため、1時間、1日、月額などの価格帯があります。

そのため、自宅に書斎があり、そこで仕事ができるけれど、気晴らしに人がいる環境で仕事をしたいという事業主も活用することができます。

コワーキングスペースでは、住所を指定することができない。

コワーキングスペースでは、レンタルオフィスやバーチャルオフィスと違って住所を借りるサービスではなく、作業スペースを使うことができるサービスです。

そのため、ホームページやネットショップを開設する時には、表示用の住所を用意する必要がありますので、バーチャルオフィスを申し込みます。

【東京エリア】格安のバーチャルオフィスでおすすめのサービス」では、東京の住所で格安で利用できるバーチャルオフィスのサービスを紹介しています。

コワーキングスペースを利用するメリットとは?

普段の仕事場ではないコワーキングスペースを利用すると、得ることができない価値もあります。

仕事の環境が揃っており、静かに仕事をすることができる。

自宅で仕事をするリモートワーカーやフリーランスには、家事や育児を両立できる働き方という利点もありますが、なかなか仕事に集中しづらいというデメリットもあります。

コワーキングスペースがあれば、その環境から脱却し、仕事に集中している同じ立場の人々がいる中で共有スペースで作業をしますので、集中して仕事をすることができます。

同じ働き方の人と出会うことができる。

コワーキングスペースでは、フリーランスやリモートワークをしている場所を選ばずに業務を行なっている人たちが集まります。

海外では、コワーキングスペースでコミュニティを形成し、共創するのが一般的になっており、新しい価値観やアイデアを生むことも期待できます。

ミーティングなどにも使えるコワーキングスペースもある。

貸会議室やラウンジを利用できるコワーキングスペースもあります。

特に自宅で仕事をする起業家にとっては、静かな環境で周囲の目を気にせずにミーティングができる場が必要になります。
都市部では、ルノアールなどのカフェが使われがちですが、席がなかったり、喫煙席しか空いていなかったりもします。

Wi-Fiなどのビジネスに必要な設備が揃っている空間を確保できていることは、仕事の生産性を上げることにも繋がります。

レンタルオフィスまで必要のないフリーランスではコストダウンになる。

仕事場が他にある事業家にとっては、レンタルオフィスを契約するほど重くなく、打ち合わせや事務処理をするための専用の空間として活用することが多いと思います。

コワーキングスペースとしての契約は、バーチャルオフィスとレンタルオフィスの中間くらいのコストで契約することができます。

コワーキングスペースを利用するデメリットとは?

コワーキングスペースを利用することで注意しなければならないのは、共有スペースで仕事をすることで、秘匿性の高い情報の取り扱いには注意した方が良い点でしょう。

例えば、デスクの上に、特定の企業が使っているシステムへのIDやパスワードの書類が見えるように置いてあれば、情報が流出し、不正アクセスになる問題が発生します。

また、書類などの盗難にあう可能性もありますので、コワーキングスペースには、クライアントの重要な情報を持ち込まない方が良いかもしれません。

おすすめのコワーキングスペースのサービスとは?

コワーキングスペースは用途によっておすすめのサービスが分かれますし、探す方法も異なります。

近隣の第二の仕事場を探す目的であれば、Googleなどで検索し、近隣のコワーキングスペースを検索するのが良いでしょう。そうではなく、出張が多く、仕事場になるスペースを探すのであれば、全国でサービスを展開しており、共有スペースにフリーアクセスできるサービスを選択することがおすすめです。

<おすすめのサービス>

リージャス(コワーキング・メンバーシップ)
総合評価
( 5 )
メリット
  • 世界中のリージャスのセンターが利用可能
  • 世界3000拠点のラウンジを利用可能
  • インターネット、カフェの利用、事務サポートなどビジネスに必要なサービスがすべて含まれる
アントレサロン(フリーデスクプラン)
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • アントレサロン全拠点が利用可能
  • 全てのアントレサロンは駅から5分以内
  • 電話OK/NGエリアで快適
  • 月額1万円を切っているのでコスパが良い
デメリット
  • おしゃれさを求めている人には不向き
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次